マルタ・サギーは探偵ですか? (2) ~名探偵と助手と犬・春から秋までの事件簿~ (富士見L文庫)

著者 :
制作 : 鈴木 次郎 
  • KADOKAWA/富士見書房
4.14
  • (9)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040704005

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジョセフ犬かわいい。バーチも可愛い。この方の話は、ほんと毎回独特な雰囲気で新鮮だなあ。

  • 良くも悪くも「優しい世界」なんだよなぁ。なんとなくあの男の再登場を待つ。
    状況描写足りない感は、一巻よりはマシか。

  • ジャッ、結婚してえええ!
    今回の表紙だとドクトルは単なる男装の麗人みたいに見えるなあ?紫の鰻柄のカーテンちょっと欲しいと思ってしまいました。

  • 年下のデキる助手・リッツと名犬・ジョセフ犬(ネーミングセンスが笑えてイイ!)がマルタの仲間に加わり賑やかになってきました。怪盗バーチといい、リッツといいは隠れデレに囲まれてマルタは幸せ者だな~。元の世界よりリア充してるんじゃないか?マルタはマルタで自分の事より他の人の幸せを思う気持ちが伝わってきて、こちらも凄く暖かくなります。だから世話焼かれる属性なのかなww

  • あージョセフ犬ー!かわいいよー!でも今回はバーチも…バーチもな…そろそろバーチも「ラブ寄せ」ですな…。ふっふっふかわいい。

  • "「あのー、僕あんま人と暮らしたことなくて」
    「家族以外とはそりゃそうなんじゃない?」
    「あ、いやあの家族とも」
    リッツは何と言っていいのか解らなくて、軽く何度か頷いた。
    「そう」
    「うん、そうなんだ」
    「ふぅん」
    「あの、ええと」
    マルタは言葉を探し、それから照れ臭そうに笑って言った。
    「よ、よろしく」
    リッツは何となく息を詰めて、小さく何度か頷いてから言った。
    「こっ。こちらこそ」"[P.68]

    待ちに待ったリッツとジョセフ犬の登場。
    カーテンでのやり取りは面白いな。
    ケーキ云々の話は前から大好き。

    "いくつになったんだっけ。十五歳だっけ。
    僕が十五の時は、学校行って勉強して。カップラーメン食べてアイスとか食べてゲームして。
    誰にも迷惑なんてかけなかった。
    誰もいなかったから。
    「リッツ。ねえ、迷惑かけてよ」
    午後の光線。それに照らされて、リッツの目の前でマルタは笑う。
    「……なんたって僕は、君より年上なんだ。お兄さんだからさ。ちょっと情けないかもだけど、その分タフかもしれないぜ?」"[P.152]

    20160808 再読

  • ジョセフ犬ー!!!

    元の本が実家にあるので確認はできないのだけれど、単なる復刊ではなくて、相当の加筆修正がされている、よね…?
    幼い頃夢中になって読んだライトノベルのシリーズをこの年になって読み返すと、当時は全く意識していなかった稚拙さやくだらなさに思い出を壊されたような気分になって自己嫌悪に陥ることがままあるのだけれど、その点野梨原女史の安定感はすごい。あと氷室冴子さんとか。
    個人的にはもっと後の巻の方が好きなのでこれから楽しみしかないのだけれど、多分、もっと年を取ってもまた読みたくなる話。良い意味での若さだ。

  • 異世界オスタスに訳もわからぬまま飛ばされてしまった名探偵(のカード使い)マルタ・サギーの元に助手と犬がやってきてなんやかんやと細かい事件を解決する元短編集の全面改稿版。
    いい加減ぽくて空回ってるけど、同居人のためにあれやこれやしようとするマルタがとてもいい。
    書き下ろし分のカーテン選びの章とか、誕生日ケーキの話が大好き。

  • マルタもバーチもリッツも皆かわいすぎるシリーズ第2弾です。この巻は前の時は短編集だったような気がしますが、細切れ感は特になく新しい助手のリッツと新しい仲間ジョセフ犬が加わり、バーチ、リッツ、ジョセフ視点での展開もありキャラが掘り下げられて、さらにオスタスの世界が好きになる1冊です。無自覚な優しさに涙腺が刺激されました。

  • マリアンナ嬢がたまらなくかわいい。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。富士見L文庫での作品に「マルタ・サギーは探偵ですか?」シリーズ、「妖怪と小説家」などがある。

「2017年 『鳩子さんとあやかし暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マルタ・サギーは探偵ですか? (2) ~名探偵と助手と犬・春から秋までの事件簿~ (富士見L文庫)のその他の作品

野梨原花南の作品

マルタ・サギーは探偵ですか? (2) ~名探偵と助手と犬・春から秋までの事件簿~ (富士見L文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする