心理学者こころ女史の分析 卒業論文と4つの事件 (富士見L文庫)

著者 :
制作 : ワカマツ カオリ 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.33
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040704012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (収録作品)如月、柊正宗/卯月、狩野琴子/皐月、竹田清志/水無月、天童こころ

  • 柊正宗が卒業論文保管室で出会ったのは、見た目は高校生、行動は不可解、真意を読むことは不可能な大学一の変人、心理学研究室助手・天童こころだった。
    わずかな手がかりだけで正宗の捜し物を言い当てる観察力と分析力を持つこころ。
    第一の事件をきっかけに、彼女のお目付けとしてゼミを仕切ることになった正宗のもとへ、論文がらみの奇妙な事件が次々と舞い込みー。
    事件に巻き込まれる青年と人の心を分析する少女、ふたりのフィールドワークが始まる。

    見た目は美人だが変わり者、そんな彼女に巻き込まれる青年、というよくあるキャラクターものだけど、心理学を習っていた者としては、授業で習ったこととかが出てきて面白かった。
    キャラクターものは、そのキャラクターがどれだけ魅力的かが大事になるけど、正宗くんは、家族に問題を抱えながらも、困っている人を放っておけない青年。
    天童さんは、まぁ先述したとおり、変なところが多々あるけれども、根は可愛らしい部分を持っている女性。
    そんな2人の掛け合いは読んでいて楽しく、内容もそんなに複雑じゃないから読みやすかった。
    読むと心理学にも詳しくなれる?笑 そんな作品。
    処女作だから、キャラクターの紹介がメインぽいけど、2巻、3巻と続いてってキャラが確率されてけばもっと面白くなるんじゃないかな。
    続きが読みたいな。

全2件中 1 - 2件を表示

心理学者こころ女史の分析 卒業論文と4つの事件 (富士見L文庫)のその他の作品

七菜ななの作品

ツイートする