貴族デザイナーの華麗な事件簿 (2) ロンドンの嵐 (富士見L文庫)

著者 : 柏枝真郷
制作 : 片桐 いくみ 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2015年2月11日発売)
3.15
  • (1)
  • (2)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040704456

貴族デザイナーの華麗な事件簿 (2) ロンドンの嵐 (富士見L文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 19世紀ロンドンを舞台にしたミステリーの続編
    話のテンポは相変わらず良く、衣服の知識も当時のロンドンの背景も面白い!
    読んでて楽しい!

  • 客の経営する店で演奏をする苦学生。
    彼は突如、連続殺人の容疑で連行されてしまった。

    浮浪者が次々と死んでいくのは何故なのか。
    意味深に始まった割に、な最後。
    人間関係というか、感情というか思いというか
    色々あって、あそこにたどり着いているので
    違和感はないですが、最期に納得ですが
    落ちがそれ!? とは言いたい。

    今回は知人に彼女ができそうにw
    次回は初恋の人再登場、でしょうか?

  • 貴族デザイナーの華麗な事件簿#2

  • 一言でいうと読みやすく入り込みやすい。疲れていても読める。謎は難解という種類のものではなく、人間模様がメインなのかなという感覚。

  • 事件自体それほど複雑でも謎解きが難しいわけでもないので、ミステリーの面白さを期待して読むと肩透かし。だけどそれを許せてしまうのは何でだろ?“服飾”に関する薀蓄とか、当時のイギリスの雰囲気とか上手に書けているからかなあ。表紙イラストも爽やかで好感が持てるし。お金持ちの苛めっ子のその後が書かれていないのが残念。出来れば因果応報で溜飲を下げたい。

全5件中 1 - 5件を表示

貴族デザイナーの華麗な事件簿 (2) ロンドンの嵐 (富士見L文庫)のその他の作品

柏枝真郷の作品

貴族デザイナーの華麗な事件簿 (2) ロンドンの嵐 (富士見L文庫)はこんな本です

ツイートする