武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行 (3) (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : bun150 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.70
  • (0)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040704845

作品紹介・あらすじ

タリスベルグの情報を求め、王都に戻るスラヴァたち。久方ぶりの場所で偶然にもかつての弟子アルマに再会する。一週間後にセリアが主役の演劇が上演されるというのだ。だが当日、劇場でテロ事件が起こり――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりにアルファレイアに戻る途中、商人を助けるスラヴァ一行。商人の娘レティス・コルドウェルが(3)のヒロイン。
    爽やかリベンジバトルはダグラスと、今後もボス戦になりそうなゼツロ・ヴァルツァー(人間からタリスベルグへの変性)とのバトルが見物。

  •  三巻はアルファレイアにて次の旅へと準備を進める物語である。新キャラを加える一方で、皆が集い、顔を合わせる巻とも言えるだろうか。
     今回、敵として現れたのは生前のスラヴァと争った者であり、彼もまた昏い色の血晶と関わりを持つ者なのであるが、その対戦へと向かう物語がやや整備不良に思える。
     この辺は、ネット小説の弱いところだろうし(つまり、逐次更新が邪魔をして、書き上げた後に伏線を強化するようなことができない、ということだ)、書籍とする上では書き加える必要があったように感じられる。
     端的に言えば、唐突な再会と、その場で説明される唐突な因縁であった。これは一冊の本としては、悪手と言わざるを得ない。

     アルマやダグラスの扱いの軽さにも疑問が残るし(特にアルマは、いつまで素性を教えていないという伏線を引っ張るのかという大きな疑問がある)、シリーズとしては手抜かりを感じるところがある。
     今回、星四つと評価しているが、現状から察するに、物語が進むにつれ、より評価は辛くなるかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

「武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行」にてファンタジア文庫デビュー。

「2018年 『異世界チートサバイバル飯2 食べて、強くなって、また食べる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行 (3) (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

赤石赫々の作品

ツイートする