ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5) (ファンタジア文庫)

著者 : 羊太郎
制作 : 三嶋 くろね 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2015年11月20日発売)
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040705170

作品紹介・あらすじ

学修旅行が終わり、グレンとシスティーナの平和的な痴話ゲンカが学院に響き渡る中、システィーナの許嫁・レオスが学院に赴任する。強引に求婚するレオスにグレンは異議を唱えるのだが……。どうなる白猫!?

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5) (ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.12.9

  • だいぶメーター振り切れてるラスボスだった。また来るのかと思うと、結構ヤバい。システィがようやくヒロインらしいことしてたけど、それ以上に、先生が助けるといういつもの流れとは違う、転機となる巻だったように思う。グレンとセリカとの共闘もいつか見たいが、いつも重要な時にいなくなる芸風が固まってきてて期待薄。

  • ようやくシスティーナがメインヒロインの話。もう5巻なんですが…(苦笑)グレンの過去の過ちとも関連する話で、その原因ともなったジャティスが登場。天の智慧研究会とは別口のようで、今後もロクでなし講師の心労はマッハのようですね。物語の根幹として表面化してきた「禁忌教典」をめぐる争いは熾烈を極めそう。セラは絵的にもシスティと瓜二つだなぁと思ったけど、そうか、胸部装甲の厚さが微妙に違うのか。

全3件中 1 - 3件を表示

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5) (ファンタジア文庫)のその他の作品

羊太郎の作品

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5) (ファンタジア文庫)はこんな本です

ツイートする