ロムニア帝国興亡記 (5) ─強襲の第二皇女─ (富士見ファンタジア文庫)

  • 18人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 舞阪洸
制作 : エレクト さわる 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2015年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040705187

作品紹介

第四皇子との戦いに綱渡りの勝利を収めたサイファカールたち。が、第三皇子による切り崩し工作が始まり、サイファカール陣営の戦略に破綻が生じることに? 一方、帝国南部では、ついに第二皇女の海軍が動きだし――

ロムニア帝国興亡記 (5) ─強襲の第二皇女─ (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ある種のタイトル詐欺

    とはいえ、そんなんどこにでも転がっているか。

    結末がある程度分かっている水戸黄門的なシリーズなので話の経過を楽しむのがキモ。まさしく水戸黄門だな。

    所々に出るイロモノ系は正直いらなくね?と思わなくも無いが。

  • サブタイトルと帯ほど第二皇女は出張っていない。扉絵も赤い人の方だし。
    サイファカールやリリィ、隣の将軍たちの駆け引きが盛大に行われている。第三皇子の動きがサイファカールの予想を超えていたみたいだけど、さてどうなるか。

  • サブタイトルの人は、ちょろっとしか出てへんやん。
    どっちかっちゅうと、隣の将軍さんとの心理戦が主やった。

全3件中 1 - 3件を表示

ロムニア帝国興亡記 (5) ─強襲の第二皇女─ (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

舞阪洸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロムニア帝国興亡記 (5) ─強襲の第二皇女─ (富士見ファンタジア文庫)はこんな本です

ツイートする