冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : 深崎 暮人 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.96
  • (14)
  • (21)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 163
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040705200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 神回でした。えりりと詩羽先輩との出会いと確執、友情だけではない嫉妬とかドロドロしたものも全部含めた信頼と尊敬と。とにかく一言では言えない複雑な関係が、巨悪()紅坂朱音によって変わるそのさまを描く。blessing softwareの離脱は単純な裏切りなんかではなく、彼女たちの涙の裏には……って何を言っているんだ僕は。7巻読んでもやっとした人はこれ読むといい(僕は別にそうでもなかったが)。少なくともクリエイターとしてのその納得はできる。しかしまた別の意味でもやっとする……かもしれない。本当の巨悪は丸戸史明。間違いないね。

  • 二大人気“龍虎”ヒロインによる本編で倫也の絡んでない裏側の話(過去編含む)。二人の邂逅はある程度想定通りのめんどくさい感じでした(笑)お互いに素直にデレられない気質だからね、シカタナイネ。本編裏ルートは“ラスボス”本格登場。クリエイターとしての自分と倫也やサークルへの想いが交錯する中で、進むべき道を選択した龍虎の逆襲に期待します。

  • アニメ版の終盤にあって小説版7巻になかった話はここにあったのか。喧嘩するほど仲がいい。お互いに感じるものがあって、一応はリスペクトも持っている。この二人は意外といいコンビ。ラスト10ページ、あまり見ることはないけど「女同士の友情」ってこういう感じね。朱音がこれから寝だめして取り戻すという台詞が、直前に読んだ『一流の睡眠』と微妙にリンクした。

  • Girls Sideというタイトルだけあって英梨々と詩羽先輩メインの巻でした。
    普段は何だかんだ言ってても良いコンビなんだよね、この2人……倫也がいなければもっと仲良くなってたんじゃないのか君たちー?

  • 英梨々と詩羽先輩が離れていった真の理由がわかる中編集。

    お互いの過去の、そして今に至る関係がよくわかる話だった。

    ここから第2部にどう繋がっていくか見もの。

  • 本編の整合性をとるための後付けエピソードってとこでしょうか。でも面白いし国民的ロボアニメのNEWタイプも後付けだったって話だしまぁいいか。後付けバンザイ!

  • えりりとうたは先輩のお話。二人の仲の良さというか悪さの原因から、最新巻までの流れが分かる。ほんとに仲良いのか悪いのか...

  • 最高の出来栄えだった7巻のサイドストーリーということもあるのか、手堅く纏めずに攻めに行ったほうの短篇集。エリリと先輩のライバルであり最高のパートナーでもある関係が心地よい。

    普通、物語は主人公を軸とした人間関係がほとんどでそれを抜いて作品を成り立たせることは難しいものが多いと思うしこのシリーズも当初はそうだったと考えているが、今では倫也抜きでもここまで面白い話が書けるのかと驚嘆する思いだった。

  • 英梨々と詩羽の出会い。
    そして7巻である意味バッドエンドとなったあの結末の裏側が描かれる。
    2部のスタートが待ち遠しい。一方であのエンドでもいいような気もしている。

  • 英梨々と詩羽の出会い。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

まるとふみあき。シナリオライター集団「企画屋」所属のゲームシナリオライター/小説家/脚本家。小説デビュー作『冴えない彼女の育てかた』(ファンタジア文庫)では、原作のみならずTVアニメのシリーズ構成並びに全話脚本も手がける。

「2018年 『冴えない彼女の育てかた Memorial ねんどろいど加藤恵 ヒロイン服Ver.付き限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

丸戸史明の作品

冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする