月影骨董鑑定帖 (2) (富士見L文庫)

著者 :
制作 : 宝井 理人 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.39
  • (2)
  • (7)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040705293

作品紹介・あらすじ

恩人である雑貨屋の女性店員・真澄たっての願いで、しぶしぶ骨董鑑定をすることになった晴。蒼一郎が話を聞きつける前に済ませてしまおうと、真澄の実家に向かった彼だが、そこで死体を見つけてしまい……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 商品を卸している店の従業員の頼まれごとを引き受けたら
    やはり、面倒事に巻き込まれた。

    今回はそこまで従兄弟がうざったい感じではなかったです。
    が、会話をすればやはり…という状態。
    一人行動が多く、1巻より3人行動はなかったです。
    当然というか、警察関連は3人で行っていますが。

    何故母屋(?)の方々が息子の帰還を待っているのか、も
    判明してしまいました。
    これは確かに、帰りたくない!
    ほっといてくれ、と言いたい気持ち満々です。

    しかしこれ、やるせないというか、何故連続で
    こんな男に引っ掛かる、と突っ込みたいです。
    駄目男好き?

  • 月影骨董鑑定帖#2

  • 今回も晴が断り切れず引き受けた鑑定の仕事で事件に巻き込まれる話。依頼人は、晴が品物を収めている雑貨店の女性店員の真澄さん。事件の部分は特出したものはなく、事件そのものよりも人間の部分に焦点が当てられた感じ。事件と日常部分がさりげなく配されていて、流れを止めることなく、すんなりと読める。少しのロマンスの風を感じたり、いわくありげな感じで終わるので、次回作が楽しみ。唯一、晴が直美に渡した骨董品、箱なしだったのが気になる。箱がなければ値が下がると思うんだけど・・。何か理由があるのかな。

  • 面白かった〜。もっと読みたい!

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

愛知県生まれ。作家。猫を飼い始めました。主な著書に「月影骨董鑑定帖」、「鎌倉おやつ処の死に神」シリーズ(KADOKAWA)など多数。

「2018年 『逆境ハイライト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

月影骨董鑑定帖 (2) (富士見L文庫)のその他の作品

谷崎泉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

月影骨董鑑定帖 (2) (富士見L文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする