フルメタル・パニック!RPGリプレイ フルメタル・パニック! 突然のラスト・プリンス (富士見ドラゴンブック)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 四季童子  海老川 兼武  賀東 招二 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2015年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040705354

作品紹介

平和な日本の生活が一転、突如ある国の最後の王位継承者だと告げられ、しかも王位を継ぐために戦場へ立てだって!? 賀東招二、海老川兼武がPCとして参戦する「フルメタ」ファン必見のガチミリリプレイが登場!

フルメタル・パニック!RPGリプレイ フルメタル・パニック! 突然のラスト・プリンス (富士見ドラゴンブック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鋼鉄の巨人、あるいは棺桶を駆る傭兵達の戦場―

    ロボットに乗って戦う物語、戦場を描いた作品は多々ありますが、戦争というものはたった1機のスーパーロボットが敵を倒して終わるものではありません。ガ○ダムばかりで戦うわけではありません。多くの兵士はス○ープ○ッグに閉じ込められながら血反吐を吐いて戦っているのです。

    というわけで、TRPGフルメタルパニック!のリプレイ新シリーズ。
    今回はプレイヤー達は皆傭兵として熾烈極まりないデスマーチに赴きます。選ばれた特殊傭兵部隊でもなく、秘密試験部隊でもない。与えられた物資でたくましく戦場を生き抜くヤツラが主人公。
    それを表現するため、あえて最新型の第三世代ASではなく、量産型とも言える第二世代ASに乗るベテランASパイロットのクラスが新システムとして盛り込まれています。決して洗練されていない、しかし泥臭くも男らしいSA(魔法・特殊スキルのようなもの)が多数実装。
    これで血と硝煙、絶望とほんの僅かな希望に満ちた戦場のドラマが繰り広げられる……んだけど。

    とにかくプレイヤーキャラがポンコツばかりでどうしようもないw
    色気に負けて傭兵契約、普通の高校生からAS乗りの傭兵にドロップアウトした武蔵。
    武蔵を嵌め、傀儡に仕立て上げようとするメイド・ラフィーカ。主である姫を妄信し、姫以外の事を全て犠牲にできるその姿に、誰もが(主でさえ)ドン引きw
    腕は確かだが、言動から心情まで徹底的に三下なボリス。その人格を端的に表すなら、「TRPGじゃなかったら1話終了時点で殺されてる」レベルの安っぽいヤラレ役。負けまくるロールプレイを徹底する姿勢が確かに斬新w
    病に倒れた弟を救うため、金のために引き金を引くエドガー。正直、この部隊の良心ですねぇw

    こんな連中がとにかく残念なやり取りを繰り広げるのがとても楽しいw
    客観的にはそれなりに骨太な傭兵ドラマになってるのが不思議ですけれどもw


    …何より。一番ヒロイン度が高いのが誰だったか、ってのが呆れるやら爆笑するやら…w

    戦術パートも臨場感あって面白かったです。はい。

全1件中 1 - 1件を表示

フルメタル・パニック!RPGリプレイ フルメタル・パニック! 突然のラスト・プリンス (富士見ドラゴンブック)のその他の作品

小太刀右京(チーム・バレルロール)の作品

フルメタル・パニック!RPGリプレイ フルメタル・パニック! 突然のラスト・プリンス (富士見ドラゴンブック)はこんな本です

フルメタル・パニック!RPGリプレイ フルメタル・パニック! 突然のラスト・プリンス (富士見ドラゴンブック)を本棚に登録しているひと

ツイートする