金色の文字使い 外伝 (2) ―ユニークチートと導かれし仲間たち― (ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : すまき 俊悟 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040705552

作品紹介・あらすじ

アノールドとミュアの出会い、ウィンカァの半生に、魔王が見た戦争の現実――。日色が出会った仲間たちの過去と現在が描かれる! 魔界パーティが繰り広げる書き下ろしも収録。未来へ繋がる必読の外伝、再び登場!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編集。獣人組は温かくもほろ苦い過去の物語2編と図らずもミュアの修行の成果を少しだけ見せられる機会を。それぞれにシビアな過去がありますね…。そんな中ミュアに秘められた真の力のルーツみたいなものも明かされました。ヒイロとの再会が叶う頃にはその片鱗が見られるほのに修行が進んでるだろうか。魔界編は現魔王の着任時の葛藤とドタバタ料理バトル。後者は短編集らしいノリで楽しかったです。食魔神ヒイロの食欲さえ拒絶させるとは…(笑)本編の補完もあったり満足の短編集でした。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

『金色の文字使い‐勇者四人に巻き込まれたユニークチート‐』にてデビュー。

金色の文字使い 外伝 (2) ―ユニークチートと導かれし仲間たち― (ファンタジア文庫)のその他の作品

十本スイの作品

金色の文字使い 外伝 (2) ―ユニークチートと導かれし仲間たち― (ファンタジア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする