金色の文字使い (5) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)

著者 : 十本スイ
制作 : すまき 俊悟 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2015年7月18日発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040705569

作品紹介・あらすじ

獣人族と魔族との大規模衝突から一ヶ月。日色はその魔族が住む大陸《魔界》をひとり旅していた。そこで出会ったのは、行き倒れていた執事風の男。成り行きで助けた彼に招かれ、訪れた屋敷で日色を待つものとは……?

金色の文字使い (5) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヒイロ氏,魔界へ潜入.
    もちろん魔族に化けて.
    で,魔界の魔物たちを屠ってレベルアップしつつ
    行倒れの変態を助けてしまい
    変態の主の幼女に目をつけられる.

    というわけで今回もまたロリっ子にモテるヒイロ氏.
    彼こそロリ王の称号が相応しい.
    あれ?でもそれだとロリの王様なのか
    ロリな王様なのかわかりにくいか….

    うぅむ,むずかしいもんだいだ.

    彼の魔界での冒険はまだ始まったばかりだ!

  • 舞台は移り魔界へ。初っ端から絡むのが超級の変態とはさすが“巻き込まれた者”といったところか。そしてさらなる不名誉な称号“幼女キラー”が付いてしまうなんて…作者の嗜好ですかね(笑)まぁ自身の能力も数段パワーアップしてるからいいのか。…いいのか?(笑)ともあれ新たな仲間と始まった魔界の旅、今後どう展開していくか楽しみです。カミュは付いてくるかと思ったけど、さすがに状況が状況だから難しいのかしら。一応シヴァン復帰したみたいだが。

全2件中 1 - 2件を表示

金色の文字使い (5) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

十本スイの作品

金色の文字使い (5) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)はこんな本です

金色の文字使い (5) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする