かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 (富士見L文庫)

著者 :
制作 : Laruha 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.77
  • (16)
  • (37)
  • (27)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 252
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040705750

作品紹介・あらすじ

祖父の借金のかたに、かくりよにある妖怪たちの宿「天神屋」へと連れてこられた女子大生・葵。宿の大旦那である鬼への嫁入りを回避するため、彼女は得意の料理の腕前を武器に、働いて借金を返そうとするが……?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 設定とイラストが可愛らしくてシリーズ二冊を同時購入。
    風景や情景描写の表現が素晴らしく綺麗。ため息出るほど綺麗。
    「鉱石で出来た花の簪が時間と共に開く」なんてどんだけロマンチックなんですか!!
    異世界のご飯屋さん設定はよく見かけるものですが、作った本人が自分の料理を味見して「美味しい」と表現する様子が巧みで可愛らしくて好感が持てます。
    それにどれもおいしそう。

    妖とご飯がお好きな方には夢中にさせてくれる設定は目白押しです。
    ただ、主人公が敬語を使わないのも個人的には気になってしまうところでした。
    異世界に身を置いて商売を始めようとする肝っ玉があるので跳ねっ返りな性格でなければやってられないと思うけど、口調が軽く雇い主に対する礼儀が薄い……。
    お爺ちゃん相手だとこんな砕けた態度の方が受けやすいんでしょうけどね。

    恋愛要素が好きなもので、葵が大旦那に落ちる日までをどんなふうに描いてくれるのか今は一番の楽しみです。

  • アニメで予習していたので、脳内映像を再生しながらスルスルと読了(^^)♪祖父の借金のかたに「あやかしお宿」にお嫁入りすることになった葵(゜_゜;)嫁入りするくらいなら、働いて借金を返す!と料理屋をすることに…(;゜∇゜)最初は少し生意気な葵のことを「なにさ!小娘が!」(若女将の感じで)と思っていたのに、読み終わる頃にはガッチリ胃袋をつかまれて「葵しゃんのご飯が食べられる場所へ行きましゅ」(手鞠河童の感じで)になっていた(^^;)

  • 下種でろくでもないとないと評判の祖父が死んだ。
    あやかしが視える主人公は一人に…と思ったら
    連れ去られ、何と花嫁に、とふざけた事を言われる。

    お弁当を渡しただけが、連れ去られたあげく嫁。
    混乱して、うっかり返答しなかっただけでも
    よくやった! という感じです。
    人間という事で文句が出ているのに、さらには
    祖父の名前でマイナスという、周囲の関係。
    探せばプラスの存在もいるらしいですけれど。

    とりあえず借金を返さなければ、嫁。
    借金を返したら嫁、ではない! と叫んでいますが
    何だか外堀を埋められている気がしますが…w
    まぁ横恋慕されて…とかは今の所なさそうですが
    うちの息子に的展開が今後あるやもしれません。

    食べ物で周囲を懐柔…というか
    まず0にしてるような。
    人間、ではないですが、人間関係は大事です。
    まずそこから。
    しかしそこを作ってしまうと、それはそれで
    嫁確定な気がしなくもないです。
    そして大旦那様と、若旦那の会話。
    これは確実に、あの過去フラグの話ですよね?

  • 残念ながら人間社会では「クズ野郎」、それでも葵を引き取り育ててくれた祖父・津場木史郎が死んだ。料理が得意な祖父に教えられ、祖父に料理を振る舞うことが生き甲斐となった葵は祖父譲りのあやかしの見える目をしていた。ある朝神社で見かけた空腹を訴える鬼の面のあやかしにお弁当をあげるとー

    ◆ 無料で読んでる漫画より先行するアニメに追いつき追い越した♪こういう異種婚姻譚てばだいたいどちらかが強引なベタ惚れだけど、ツンデレな大旦那様に、丸め込まれない葵ちゃんが可愛い。

    嫉妬で暴走した雪女お涼も史郎恋しさに土蜘蛛兄貴の暁と壮絶バトルの女郎蜘蛛・鈴蘭もなんだかんだ人間くさいあやかし(笑)退魔師もあやかしももろとも退治して、使役し、調教し、奴隷と呼んで家事をさせ…

    て鈴蘭…いいように使われてるのになんでそんな史郎がいいんだ…。天然人たらしなんだなぁ。

    そのくせ「キャベツのみじん切りは早さが命」が嫌がらせだなんてww今後も期待大♪

  • 読み終わりました。 

    読了 4月1日

    面白かった。。
    夏目友人帳、好きな方も知らない方も楽しめる物語です!

    色んな妖しが出てくるので読むたびにワクワク。。
    知ってる妖怪さんも出てきて楽しかった・・・


    それに美味しい食べ物も沢山出てくるので
    お腹がすきそうになりました。



    豆腐アイスとか簡単そうで
    作ってみたくなりますね(*^-^*)

    見えているのにバレてはいけない。。
    でも優しいから妖しの為に関わっちゃうところが
    夏目と似てる



    銀次さんかわいいし、かっこいいですね。
    嬉しかった時とか、美味しいものとか
    楽しいこと考えるとき
    尻尾を振るしぐさかわいいなと思います!

    あっ、今週からアニメになるとか。。
    それ見えるんだなと楽しみでなりません。

    銀次さんや大旦那様などなど色んなキャラクターが動くの楽しみです‼
    銀次さんきっとかわいいだろうな。。

    手鞠河童もどう動くのかとても楽しみ♪



    一旦木綿(役どころはなんともいえない。。)とか
    雪女とか知ってる妖怪も色々出てきて
    妖怪を探すのも結構読んでいて楽しめました。




    雪女のお涼さん
    土蜘蛛の暁さん。。
    最初は色々と葵に反発してて、いや~な役どころだったけど
    でも後半になってくるとその妖しも
    色々と事情があるようで、
    何だかいつのまにか好きに愛着がわきました////

    お涼さん、かわいいところも発見(笑)

    大旦那様もかっこいい!

    葵に冷たくするところは最初はなんだと思いましたが(笑)
    でも後半になるにつれ、色んな表情も見えてきて。。
    本当は優しいのかなと思ったり……脳内は石田彰さん////



    それに最初の方!
    おじいちゃんが娘に借金の肩代わり。。
    そして鬼の嫁にする約束を大旦那様とするところを読んだとき、
    心のなかで(おじいちゃん!)と叫んでました(苦笑)



    アニメ始まる前に一巻は間に合って良かっです☆


    76 「そ、そんなの、やってみないとわからないじゃない」

    79 しかし情けない。自分がここまで嫌われ、必要とされないとは思わなかった。有能か無能かはさておき、一生懸命働こうと思っても働かせてくれないのは痛い。

    102 このまま職場が見つからなければ、私はどうなってしまうのだろう。

    223 そこに僅かな憧れや恋心はあれど、恋人になりたいとか、夫婦になりたいというのとは、少し違うのかもしれない。

    268 二度と会えない訳ではないかもしれないけれど、その時その時を、後悔のないように選択しなければ……時間は巻き戻ってはくれないのだから

    272 どのような声をしていたのか、思い出す事は出来ない。だけど、名を呼ばれるだけで、私はこの世にまだ生きているのだと実感できたし、訳もなく安心した。

    330 ねえ、私はどうすれば良いのかな

  • H29年度イベント「ブックリンク~本でつながる心と心~」で、中学生が紹介してくれた本です。

  • かくりよへ攫われ、祖父の借金の返済のために鬼神に嫁入りすることになった葵。とにかく葵がたくましい。いきなり異世界に連れてこられてあやかしに囲まれてもビビることなく自己主張。後半では自分を毛嫌いする土蜘蛛を小脇に抱えて「食べるわよ」と脅したりもする。葵の作る料理も美味しそうだし。次巻ではお食事処が本格的に動き出すのかな、楽しみ。

  • 主人公の性格があまり好きではないが面白い。


  • あやかしや神様の本が近頃沢山出ている中から、選んだ。
    あやかしのお宿に攫われてくるんだけど、あやかしがかわいいし、昔に助けてくれたあやかしが大旦那様なのか気になり、続編も読むことにした。

全32件中 1 - 10件を表示

プロフィール

ゆうまみどり。福岡県出身の小説家。Webでこっそり連載していた小説が支持を得て、『僕の嫁の、物騒な嫁入り事情と大魔獣』(アルファポリス)にて書籍デビュー。代表作は『かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。』(富士見L文庫)など。

かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 (富士見L文庫)のその他の作品

友麻碧の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 (富士見L文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする