幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~ (3) (富士見L文庫)

著者 :
制作 : 二星天 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.67
  • (2)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040706146

作品紹介・あらすじ

妖狐・玉藻が営む和菓子屋『春寿堂』。そこで名月が働き始めてから、季節が一つ巡ろうとしていた。和菓子作りの腕も上げ、春らしい上生菓子作りを託されるのだが――なんと“春が訪れない”怪奇に遭遇してしまい!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み終わりました!

    ほぉ・・・・・良かった。。
    縁ってすごいですね


    すべてが繋がってる展開で、最後はどうなることかと
    ヒヤヒヤしましたが良かった。。




    今回も新しく登場した春風挽歌と蓬ちゃん。。
    どちらもかわいらしくて和んだな(〃^ω^〃)
    春風挽歌さんが話すとき、
    江戸時代のような話し方で会話するものだから
    つい大河ドラマを思い出してました(笑)大奥かな

    すらすらと頭に入って読みやすかったです!
    とてもかわいかったです。。



    あと蓬ちゃんのお話は。。
    どこか「夏目友人帳」に出ていた
    辰巳という龍の雛の回に似ているなと思いました!
    子育てしたり、ちょうど頭に二本の角が生えてたり
    龍の雛というところが////人間の形もしていて。。

    きっと蓬莱もタマちゃんみたいに可愛いんだろうなと
    思いながら読んでました(〃ω〃)


    春風挽歌も蓬莱も
    別れがもう切なくて、でも優しくて
    あたたかくなるようなストーリーでした。:゚(。ノω\。)゚・。



    名月くんの成長。。
    これからも楽しみでなりません・・・
    どんどん変わっていくようで嬉しくなります!

  • 春風挽歌と蓬の繋がりは読んでてこっちまで嬉しかった

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

第2回ネクストファンタジア大賞銀賞を受賞し、マナベスグル名義でデビュー。主な著書に『ダウトコール』(富士見書房)など。実家は和菓子屋を営む。

「2017年 『和雑貨うなゐ堂の友戯帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~ (3) (富士見L文庫)のその他の作品

真鍋卓の作品

ツイートする