横濱妖精探偵社 隣人さんは賑やかに踊る (富士見L文庫)

著者 :
制作 : 細居 美恵子 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.79
  • (3)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040706252

作品紹介・あらすじ

身寄りをなくし、初めて会う「祖父」を訪ねて、人と妖精とが共存する街・横濱にやって来た少女・マニ。これは、20代にしか見えない「祖父」と一緒に暮らすことになった彼女が遭遇する、騒がしくも優しい妖精譚――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「隣人さん」といえば、妖精の別名。ヨコハマには実は「隣人さん」専門の部署があって、関連の案系を扱う探偵がいた。その探偵さんの「おじいちゃん」のもとにひきとられることになったマニ。妖精のしっかりとした知識のもとに描かれる、マニの目からみた新しい世界がまぶしく、でもマニが楽観的ではない感じが楽しく読めました。YAに近い少女小説かなー。

  • 「おいしいベランダ」シリーズにはまり竹岡葉月さんのこちらの作品を手に取りました。
    面白かったです❗続いてほしいなあ。

  • 母を亡くしたマニを引き取ってくれた祖父は金髪の若者!?

    幼い頃自分にだけ見えた存在を妖精と知り、不思議な祖父の妖精探偵社での共同生活が始まっていく  

  • 面白かった!
    続いてくれそうな終わり方だったので期待。

  • 良くも悪くも、竹岡葉月先生。古き良き時代のコバルト文庫を思い出しました。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1999年度ノベル大賞佳作受賞を経てコバルト文庫よりデビュー。以降、少女小説、ライトノベル、漫画原作など多方面で活躍する。主な著作は『東方ウィッチクラフト』(集英社)、『横濱妖精探偵社』『おいしいベランダ。』(KADOKAWA・富士見書房)など。描かれる人間関係や作品世界のあたたかな雰囲気は、多くの読者に支持されている。 なお『おいしいベランダ。』シリーズに登場する料理とベランダ菜園は、すべて著者自身の実践・実食に基づく。

「2018年 『おいしいベランダ。 マンション5階のお引っ越しディナー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横濱妖精探偵社 隣人さんは賑やかに踊る (富士見L文庫)のその他の作品

竹岡葉月の作品

ツイートする