悪魔交渉人 (4) 天使の方舟 (富士見L文庫)

著者 : 栗原ちひろ
制作 : THORES柴本 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2016年1月13日発売)
3.30
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 49人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040706290

作品紹介

沈没船の回収品調査のため晶は豪華客船に乗り込んだ。だが回収品を巡る様々な思惑が交錯し、閉ざされた船内は混乱を極める。そして晶に究極の選択が突きつけられる。それは相棒・音井の秘密に迫る決別への誘いだった

悪魔交渉人 (4) 天使の方舟 (富士見L文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何となく真意というか真実が見えない組織WMUAと館長と…諸々という感じ。
    美術館にいた面々はどうなっちゃったのよ?
    タイトルから想像する悪魔との交渉には、やや寄り添えなかった印象。
    1巻で面白いと思えた感覚は、残念ながら最後は半減してしまったかな。

    今巻も半ば無理矢理にも見える結論付けかなと思える、館長の裏切り(?)や天使が出てきちゃったり、現代ものであるが故の史実が混ざったりと、上記で記した通り、悪魔との交渉がいまいち活躍していなかったように思う。

    個人的な見解として、終章の流れをそのまま物語の始めに持ってきた方が面白いんじゃないかなぁと感じる怪しさがあって良かったが。
    それこそ、主体にある"秘密"という部分で想像を駆り立てる所でもあったかな。

  • うーんなんかあっけなく終わってしまった。
    人間の体よりも猫の方があってる感じする。

全2件中 1 - 2件を表示

悪魔交渉人 (4) 天使の方舟 (富士見L文庫)のその他の作品

栗原ちひろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリック レド...
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔交渉人 (4) 天使の方舟 (富士見L文庫)はこんな本です

ツイートする