艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 鶴翼の絆 (6) (ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : 魔太郎  「艦これ」運営鎮守府 
  • KADOKAWA/富士見書房
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040706429

作品紹介・あらすじ

海の彼方の仲間を救うため、第十一号作戦が発令された。しかしそれは更なる死闘の幕開けに過ぎなかった。かつてない激戦の中、瑞鶴と翔鶴の関係にも変化が訪れる。激動する状況の中で、二人が見た未来とは……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「それが、今回の二正面作戦を成功させる上で――
    そして、私と瑞鶴のふたりにとって、最良の選択であると思うから」
    (p137「第二章 鉄壁の島」)
      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    深海棲艦に包囲され、危機に瀕した西方諸国を救うべく、
    鎮守府はカレー洋打通作戦を展開する。

    総力を挙げたこの動きに呼応するかのように、
    深海棲艦は南太平洋での侵攻を活発化させた。

    厳しい二正面作戦を強いられるなか、
    瑞鶴と翔鶴にもたらされたのは「改二」への改修命令。
    心強いはずのこの朗報は、
    しかし翔鶴にある決断を促した――。

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    艦これ本格戦記小説にして「幸運の空母」をめぐる物語、完結編です。
    あとがきでも言及されているとおり、
    瑞鶴翔鶴の改二実装もベストタイミング!

    しかし原作ゲーム自体が、まだまだ戦線拡大(?)を続けるなか、
    「早すぎる完結」のようにも思えます。

    本作で重きをおかれていた、
    艦娘として過去を乗り越えるということ…
    そして「幸運の空母」の意味についても、
    はたしてコレが到達点だったのか、と欲張りたくなるところ。

    原作ゲームの面白さは、
    物語としての輪郭をぼかしているあたりにあるように思いますが、
    スピンオフ小説にとってはそれが「難しさ」なのかもしれません。
     それではっ

  • 完結。最後は瑞鶴よりも翔鶴の話だったかなぁと。妹のみならず、姉の方も周り(特に妹)から影響を受けて成長していってたのですね。姉妹がそれぞれ別の戦場へ向かい、互いのことを考え想いながら戦果を挙げる。そう思うとサブタイのとおりなんだろうな。あと潜水艦ズも出番が他作品より多く感じられて新鮮でした。ブラックなのは避けられない運命なのか…もうちょっとゲームイベントの方でも活躍させてあげたいけどね。ともあれ最後まで完走、お疲れ様でした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

仮想戦記「幻翼の栄光」(有楽出版社)でデビュー。主な著作に「艦隊これくしょん 鶴翼の絆」「機甲狩竜のファンタジア」(富士見ファンタジア文庫)、「シュヴァルツェスマーケン」(ファミ通文庫)シリーズなど

「2018年 『ミリオタJK妹!2 異世界の戦争に巻き込まれた兄妹は軍事知識チートで無双します』 で使われていた紹介文から引用しています。」

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 鶴翼の絆 (6) (ファンタジア文庫)のその他の作品

内田弘樹の作品

ツイートする