非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… (ファンタジア文庫)

著者 : 滝沢慧
制作 : 睦茸 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2016年1月20日発売)
3.23
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040708218

作品紹介・あらすじ

エロゲ好きの高校生・一真は、学校一の秀才にして、美少女優等生の水崎萌香に告白される。しかも、萌香は一真好みの『ヒロイン』になるため頑張ると宣言!? 「私を……調教してくれる?」 これ、なんてエロゲ?

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… (ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 可もなく不可もなく。一人称の地の文が説明くさいのが鼻につくけど、ストーリー自体は悪くないかな

  •  美人な同級生から告白されたエロゲフリークの主人公が、エロゲに影響された彼女のエッチな振る舞いに右往左往させられる、そんな筋立てのライトノベルである。
     その内容で展開された前半部は、登場キャラの設定やイベント内容など往年のADVを彷彿とさせるスタンダードなものである。正直、ここまで典型的な展開を捻りなく描くというのはやや疑問もあり、前半の段階では評価をかなり下げて読み進めていた。
     が、しかし後半部ではきちんとその部分における主人公の振る舞いに対する変革が置かれている。それも物語の中核であるエロゲから発想を得て行動に移っており、物語の本旨に即した形で展開した内容は望ましいものであった。

     全体を通しては星四つ程度と評価している。
     誠実であろうとした主人公の後半の振る舞いは好ましいものであったし、キャラの顔見世を含めたシリーズのプロローグとしては申し分ない。続巻にも手を伸ばそうと思う。

  • なにがいいたいのか?

  • よくも悪くも普通のラブコメといったところ。

    せっかく睦茸先生使ってるので、もっとはっちゃけていいと思う(真顔

  • うまいこと書いてるけど、期待したほどエロゲネタがなかった。 続きは読まへん。

全5件中 1 - 5件を表示

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… (ファンタジア文庫)のその他の作品

滝沢慧の作品

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… (ファンタジア文庫)はこんな本です

ツイートする