グランクレスト戦記 (7) ふたつの道 (ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : 深遊 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.87
  • (3)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040708850

作品紹介・あらすじ

故郷システィナを治め、新たな理想を追うテオとシルーカ。だが、彼らの行く手に大陸最強の剣士、黒衣の太守ミルザーが立ち塞がる。王道を行くテオと覇道を進むミルザー。相容れぬふたつの道が、ついに戦場で重なる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • システィナから大陸に舞台を移して、とうとう因縁の敵であるミルザーとの決戦に挑むことになる7巻目ですが。

    しかしミルザーはアレですね。単騎で戦況を覆すほどの武力もちとか。完全に「一人戦国無双」状態ですか。グランクレストには稀有なキャラクターですよね。

    ただまあ、やはり現実でもそうあるように、ただ一人の武力で「戦場の現実」をどうにかできるわけがなく。戦いの勝敗は始まる前に決しているとはよく言ったもので、戦争とは戦端が開かれる前の段階でどれだけ策をめぐらし準備を積み上げたかできまるのでしょう。

    テオとミルザーの勝敗を決したのは、それぞれについた軍師の力量差であったと考えられますか。

  • 故郷システィナを治め新たな理想を追うテオとシルーカ。
    だが、彼らの行く手に大陸最強の剣士、黒衣の太守ミルザーが立ち塞がる。
    王道を行くテオと覇道を進むミルザー。
    相容れぬふたつの道がついに戦場で重なる!

  • ミルザーと決着

  • 話の主軸も大陸に戻り、カリスマティックな君主たちと、個性と苦労溢れる魔法師たちにワクワク。邪紋使いたちの活躍も描かれているけれど、今回はより大きい規模の戦いが主軸だった。
    エーラムで語られるバルギャリー殿下の過去に驚いたり、モレーノ先輩可愛すぎたり、ミルザー&テリウスの挿絵がキュンキュンだったりキャラ萌え燃え要素も満載。
    惜しむらくは誤記(「。」であるべきところが「?」だったり、ルビが明らかに間違っていたり)で萎えたので-1。二版では直ってますように。

  • だんだんと勢力が束ねられてきましたね。このまま行くと終わりは近そうですが、聖印教会の件とか、一波乱あるんでしょう。
    ミルザーの最期はちょっとあっけないかな。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1988年刊行の「ロードス島戦記」(スニーカー文庫)でデビュー。以降、「魔法剣士リウイ」シリーズ(ファンタジア文庫)、「クリスタニア」シリーズ(電撃文庫)などで、ファンタジー小説の旗手として活躍する。

「2018年 『グランクレスト戦記DO 英雄の系譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グランクレスト戦記 (7) ふたつの道 (ファンタジア文庫)のその他の作品

水野良の作品

ツイートする