デート・ア・ライブ17 狂三ラグナロク (ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : つなこ 
  • KADOKAWA
3.90
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040709291

作品紹介・あらすじ

「話すよ、全部。今、いや――今まで、何があったのかを」狂三に幾度も命を救われた士道は、精霊たちに真実を打ち明ける。自身の閉ざされた過去の記憶と向き合うとき、〈ラタトスク〉とDEMの全面戦争が始まる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前回ラストに明かされたファントムの正体に驚かされたのに続き、今回もかなり驚かされましたよ。
    士道だけが精霊を封印できる力を持っているのはそういう理由があったのかと納得。「封印」という言葉に気を取られすぎていたために封印を続けた先に何が起こるのかを失念していたな。
    本当にこの作品は何から何まで士道が物語の中心に居たんだなぁ

    本編の方では士道を巡ってラタトスクとDEMの全面戦争が始まるだけに恒例の精霊攻略要素は流石に無いのかなと思いきや……。何時も通りを通り越して12巻の士道を思い起こさせるほどの全力ナンパ男っぷりには笑ってしまったよ
    というか士道って一体いつから精霊封印のために相手をデレさせることに躊躇が無くなったんだっけ?前巻の対狂三の際にもラタトスクのサポートをほぼ受けないままデートを続けていたけれど、今回はそれ以上に相手に軟派な言葉を放つ行為に一切の戸惑いが見られないよ!
    空中で熾烈な戦いを続ける折紙達の様子も見ものだけどそれ以上に士道の無双っぷり、特に投げキッスでニベルコムを封殺する挿絵が印象に残ってしまう

    重要な伏線も大部分が明かされ、士道の最終目標も定まったしそろそろこの物語も終わりに向かっているのだろうか?

  • 狂三が警告したDEMの総攻撃に備えて、ラタトスクに集まる士道、十香ら精霊たち。
    嵩宮士道、嵩宮真那の兄弟と精霊、嵩宮澪の出会いの因縁、DEMのエレン・メイザース、ウェストコットとラタトスクのエリオット・ボールドウィン・ウッドマンとの因縁。
    乱戦の中、アルテミシアの記憶の封印を解くことに成功する一方、士道と狂三はニベルコルらとの闘いの中、一緒になるが、狂三の腹から腕が生えてきて。。。(シン)

  • ラタトスク機関とDEMインダストリーの最終決戦序章。
    それにしても士郎君ぱねぇ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

第20回ファンタジア長編小説大賞<準入選>受賞作『蒼穹のカルマ』でデビュー。続く第2作目『デート・ア・ライブ』シリーズはシリーズ累計400万部突破の人気作となる。

「2018年 『デート・ア・ライブ19 澪トゥルーエンド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デート・ア・ライブ17 狂三ラグナロク (ファンタジア文庫)のその他の作品

橘公司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする