紅霞後宮物語 第四幕 (富士見L文庫)

著者 :
制作 : 桐矢 隆 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.47
  • (3)
  • (19)
  • (20)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 146
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040709369

作品紹介・あらすじ

明慧の葬儀も終わり、無情にも日常が戻ってきた。悲しみの冬が過ぎ、春が訪れようとする頃、文林は一冊の帳簿を小玉に示す。帳簿に不自然に出てくる「維山」という地名。それが鄒王の死、さらには明慧の死につながるものだと見た文林は、現地調査を小玉に託す。
 小玉は皇后の行啓として維山に向かい、維山に入ると陳校尉として調査を開始するのだが、街の様子に違和感を感じて――?
 ――このままでは終わらせない。終わらせてなるものか。関小玉、伝説に残る覚悟の戦い。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20180430 読破

  • 悲しみの冬が過ぎ、春が訪れようとする頃、文林は一冊の帳簿を小玉に示す。
    帳簿に不自然に出てくる「維山」という地名。
    それが鄒王の死、さらには明慧の死につながるものだと見た文林は現地調査を小玉に託す。
    小玉は皇后の行啓として維山に向かい維山に入ると陳校尉として調査わ開始する。
    しかし街の様子に違和感を感じて―?
    閑小玉、伝説に残る覚悟の戦い。

  • 少女小説の見開きで、やたら煌びやかなイラストの
    登場人物紹介とか有るよね、そんな大人数じゃないし
    ややこしい名前でも人間関係でもないのに、イラスト
    見せたいだけなの?とか思った事あるけど

    この作品こそ、登場人物一覧つけて欲しい

  • あんまりいい後味ではなかったね。
    事件もなんだかイマイチな展開。

    2017.6.12

  • 軍人皇帝の第四弾。

    ようやく「軍人」皇后らしく出征。
    前回の悲劇の決着をつけに。
    いよいよ、それらしくなってきたのは良かった。
    敵の論理というか、宗教感に説得力がなかったが。

    前に皇后を取り押さえてしまった兵士がまた出てきたのは面白かった。
    そして、また楽しいキャラクターが。
    いや、礼儀作法七日間集中講義をやり終えたのでまじめな子か。

  • 明慧の死につながるものを解き明かすため、現地調査に赴く小玉。
    小玉の人間らしさがにじみ出た一冊。
    歴史には偉業の一部しか残らないけれど、そこには様々な人の思いがあって、葛藤があるのだと改めて感じる。
    文林との距離は縮まった、、のかな?

  • 明慧の葬儀から始まり、死の原因であった金母を自らの手で殺すまでのストーリー。
    相変わらず外道な文林とそれを理解している小玉の関係はいいですね。
    イラストの小玉には相変わらず違和感感じますが、イメージ通りに書いたら表紙にはふさわしく無い出来上がりになると思うので、これで納得です。
    ちなみに文林はイメージに合います。

  • この巻も面白かったです。
    小玉さんのもっと大きな戦場での活躍が見てみたいです。

  • 色々と不穏になった4巻目。1巻の頃が懐かしい。なんだかんだ面白いなあと思いつつ読めているので、今後も引き続き楽しみにしている。
    2016.07.27

  • 三巻目を読んでからすぐに続きを読みました。
    まだ大事な親友を失くした心の回復が終わりきらないまま、次の事件収拾に地方へ動くことになる小玉ですが、名目は地方視察。
    元はと言えばその親友がなくなるきっかけを作った人物に繋がるかと思えば、皇后自ら行く気合も入るというものです。
    結局、部下が誘拐されたりしながらも、ただの地方官吏の横領だけではない、一大組織と言っても差し支えのない朝廷にまで及んだ不気味な信仰ともいえる団体の長を弑します。その際には小玉自らが動かせる軍も皇帝から承ることに。
    あれこれ一連の事件の裏には、まだ隣国の手の者の手引きがあることがわかり、今後は隣国との戦になるのでは、と思わせて四巻目は終わります。
    あえて自分が長を弑し、皇帝にだけ向けられていた暗殺者の目を小玉に向けさせることで、一緒に生きていく意思を固めるのです。それも愛…かなぁ。
    でも偽の寵姫だった娘の、憧れの皇后を抱いた皇帝自らに抱いてほしいという発想も、どうかなとか思いつつ、そこで慈悲として抱ける皇帝は、本当に皇帝としては申し分ない、とか思ってしまう反面、皇后に対してどうだろう、それ、とかいう思いも持ってしまう、案外夢見がちな私でありました。
    子どもの成長だけが話の中で微笑ましいものとなっています。

全15件中 1 - 10件を表示

紅霞後宮物語 第四幕 (富士見L文庫)のその他の作品

雪村花菜の作品

紅霞後宮物語 第四幕 (富士見L文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする