青熊将と恋する若妻 なんか変なのが嫁に来た。 (カドカワBOOKS)

著者 : 筧千里
制作 : 東条 さかな 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2016年9月10日発売)
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040720395

作品紹介

凶相ゆえに女性と縁が無いまま40歳になった最強将軍――『青熊将』バルトロメイ。ある日、彼のもとに妻として少女が寄越される。今回も拒絶されると思いきや……「フランはっ! この日を待ち望んでおりました!」

青熊将と恋する若妻 なんか変なのが嫁に来た。 (カドカワBOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 顔面凶器な将軍40歳と14歳の歳の差ラブストーリー。可愛らしいお話し。
    ゴメン、趣味じゃなかった。

  •  ライトノベルというのをあんまり読んだことがないので、勉強として手に取って読んでみました。この東条さかなさんの絵にまず一目ぼれしてしまいました。こういう感じの絵柄が大好きなのです。青熊将と嫁のキャラのぶれなさ、それから弓の設定をトレーニングで生かしているところとか、色々参考になるところがありました。
     青熊と嫁との出会い→ドタバタコメディー→嫁であることを否定してしまう事件→皇帝や姫が仲直りさせる→結婚式→エピローグのはっきりした流れのもと、二人の視点を交互に書いて厚みを持たせるような感じでした。

  • ちょっといざこざがあるだけで、弓が得意とかハニートラップネタとかは特に深堀せず、とても平坦な内容だった。というかただでさえページ数少ないのに、途中で飽きた。料理はどこかではっきりさせないと、ダンもこの先長くはないだろうし、夫婦としてもたない気がする。「はい、奥様、私です」は笑ったので★+1。

全3件中 1 - 3件を表示

青熊将と恋する若妻 なんか変なのが嫁に来た。 (カドカワBOOKS)のその他の作品

筧千里の作品

青熊将と恋する若妻 なんか変なのが嫁に来た。 (カドカワBOOKS)はこんな本です

ツイートする