翠玉姫演義 ―宝珠の海の花嫁― (富士見L文庫)

著者 :
制作 : 雨壱 絵穹 
  • KADOKAWA
3.08
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040720685

作品紹介・あらすじ

実家に疎まれ、売られたも同然の政略結婚に向かう途中、義賊集団に攫われた商家の才女・香月。人生諦めモードだった彼女だが、脳筋義賊のザル会計に我慢できず口出したことから、事態はとんでもない方向に転がり!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ソロバン片手に悪党を更生!?
    実家に見捨てられた令嬢の逆転劇はここから始まる―のか?

  • あらすじ詐欺に引っかかった感

  • 同じことを何回も言っていたり、行動に違和感があるのがちょっと気になる。
    キャラクターは主人公を初め真っ直ぐで生き生きとした人が多くて好感が持てました。
    大きなことを言ってるわりに、序章程度の内容で終わっちゃってるのが残念。
    中心にあるお金を稼ぐ方法がもうちょっと詳しく書かれていたら、厚みが出たのかなと思います。

  • 今回初めてファンタジーな時代小説を読みました。
    初めてということもあってか、登場人物の名前や言葉が難しかったです。
    話の内容は、色々驚かせられたところが多く楽しく読めました。特に、翠玉姫の頭の回転の速さと洞察力には引き込まれてしまいました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

小説家。2002年に『医学教室の密やかな夜』(角川ルビー文庫)でデビュー。

「2017年 『翠玉姫演義 二 ‐戦場の天女‐』 で使われていた紹介文から引用しています。」

翠玉姫演義 ―宝珠の海の花嫁― (富士見L文庫)のその他の作品

柊平ハルモの作品

ツイートする