放課後は、異世界喫茶でコーヒーを (ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : u介 
  • KADOKAWA
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040723105

作品紹介・あらすじ

迷宮都市の一角にある異世界でただひとつの喫茶店。女騎士にエルフやドワーフ、そして街の有力者までもが密かに通うこの店に、魔術学園に通う少女リナリアが現れたことで、店主ユウの異世界生活は色めき立ち始め?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 迷宮都市の一角でコーヒーを提供する喫茶を営むのは
    異世界からやってきた男子高校生たる主人公。

    ここでは受け付けられない飲み物を提供したり
    ご飯を出してみたり、なのんびり日常。
    チートだ、冒険だ、というわけではないので
    それが好きな人には物足りなさすぎるかと。
    のんびりした話が好きな人には、いいですが
    うっかり現実を考えると、経営大丈夫? と
    言いたくなる状態です。
    常連ががっちり金落として言ってくれてるようなので
    そこはほっとしましたけど。

    しかし主人公が気づいてないだけで、ここの常連は
    かなりの有力者では? とか思うのですが。
    これはある意味テンプレかも知れませんが、この日常が
    このまま続くのであれば、それはそれでいいのかと。
    とはいえ、ヒロインがコーヒーではなく
    カフェオレを飲んでいるのが彼女にばれたら…。
    若干の戦いが始まりそうです。

  • 異世界ものというより、青春グルメ小説だな

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

「異世界に来たけど至って普通に喫茶店とかやってますが何か問題でも?」で第1回カクヨムWeb小説大賞特別賞を受賞。

「2018年 『放課後は、異世界喫茶でコーヒーを4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを (ファンタジア文庫)のその他の作品

風見鶏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする