冴えない彼女の育てかた Girls Side3 (ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : 深崎 暮人 
  • KADOKAWA
4.16
  • (10)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040723389

作品紹介・あらすじ

フラットで感情表現が適当。そう言われていた少女はもういない。ここにいるのはメインヒロインの座を決して譲らない冴えない彼女――加藤恵。倫也のあの決断の裏側を描く、少女たちだけのギャルゲー制作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表2カバーの作者コメントにもあるとおり"裏12巻"と呼ぶに相応しい内容で(少なくとも外伝ではない)、ヒロイン達の恋の着地点が描かれた決意と悲しみの物語と感じさせられた。


    驚きを持って読み進んだ場面は、主人公抜きでヒロインたちが気持ちをぶつけ合う、恵が詩羽先輩と正面切って対決する場面。おそらく今まで読んだ小説でこのようなシュチュエーションには出会ったことがなかったからでしょうか。


    きれいな描写だなと思ったのは、失恋を胸に星空をスケッチする英梨々の姿。悲しくも美しく、ラノベなのに文学的にすら感じました。イチ読者としてもこのような着地点で安心したというのが、裏返せば心配だったのだと気づかされました。


    最終巻の13巻、三行ごとに転げまわる内容を期待してます(苦笑)。

  • FDの頃はまだ番外編といった空気が有ったけど、本当にGSは本編の裏話どころか本編を理解する上で必須の話となっているのを改めて感じさせた

    ということで今回は12巻のサイドストーリー。本編を読んだ時にはどうしても「倫也が自分のサークルを顧みず暴走している」という印象がどうにも強かったんだけど、第十二・六・五話における詩羽の分析を読んだ時に色々倫也の行動が腑に落ちてしまった。そっか、以前サークルが崩壊しかけた時とは体制が大きく異なるもんなぁ。そして以前よりも絆を強くした加藤がサークルに居てくれる状況で且つそこまで締め切りギリギリでもないとなれば、あの暴走もそれなりに理解できるかも

    次の13巻で完結してしまうということも有ってか、選ばれなかったヒロインたちへのフォローも感じさせるような内容になっていたのは良かった。普通のラノベなら主人公がメインヒロイン以外を選ばないことに何らかのフォローを行う描写も有ったりするんだけど、甲斐性なしの倫也じゃそれを期待できない。
    そのためかヒロイン同士でフォローさせ合うのは本作ならではの描写。特にサークル脱退以降に絆を深めた英梨々と詩羽の話はとても良かったなぁ。思わず12巻を読み返してしまうほどだった
    英梨々と詩羽は第一巻から登場してきたヒロインで彼女達がメインとなる話もとても多く描かれてきた。そんな二人の恋愛面での決着が描かれた今回のGSは何年にも渡って本作に付き合ってきた私として心に響き渡る内容に感じられた

    そして今回のメインとも言える第十二・七・五話。普段はそのフラットなスタンスが加藤恵の真髄とされ、他方では腹黒キャラとしてもキャラとしても確立してきた。そんな彼女の内面が描かれた話はこれまで殆どなかったから、描かれないまま完結してしまうのかと思いきや……
    第12巻で示された倫也のメールが、自分たちの関係に対する感情の総決算であったなら、今回語られた加藤の内面は関係性どころかシリーズ総決算とも呼べるんじゃないだろうか。正直、加藤への尋問や独白が続くあの辺りの描写を読みながら何度も過去の巻を開いてしまった。この巻の内容を踏まえた上でシリーズを最初から読み直したら加藤への印象がだいぶ変わりそうだ

  • 恵の心情があらわになった一冊。
    彼女がどのような想いで、12巻のともやの言葉を受けたのか

    どうでもいいですが、
    えりりの流れ星の表現大好きです。(丸戸先生最高かよ)

  • 12巻の裏側(主人公以外の視点)からの補完。12巻ではほぼハブられていたメインヒロインとサブヒロイン2人が大活躍。それにしてもなんで加藤はあんなのがいいんだ???

  • 最高の女子会。泣いても笑っても、次が最後ですよ。震えて待つ。

  • 次の13巻で"本編"が完結するらしいシリーズのガールズサイド。実質ガールズサイドではなく12.5巻なのは良いとして……冴えない彼女が依然として冴えない(個人の意見です)もう少し好感度のあるヒロインに化けてくれると思い読み続けて来たのですが、次の最終巻で化けるのか?
    つまりなにが言いたいかというと、英梨々最強。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

まるとふみあき。シナリオライター集団「企画屋」所属のゲームシナリオライター/小説家/脚本家。小説デビュー作『冴えない彼女の育てかた』(ファンタジア文庫)では、原作のみならずTVアニメのシリーズ構成並びに全話脚本も手がける。

冴えない彼女の育てかた Girls Side3 (ファンタジア文庫)のその他の作品

丸戸史明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

冴えない彼女の育てかた Girls Side3 (ファンタジア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする