冴えない彼女の育てかた13 (ファンタジア文庫)

著者 : 丸戸史明
制作 : 深崎 暮人 
  • KADOKAWA (2017年10月20日発売)
4.16
  • (8)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040723396

作品紹介・あらすじ

加藤恵への告白。そしてゲーム完成に向けてのラストスパート。あの日、あの坂道での運命の出会いからすべては始まった。もうお前は冴えない彼女なんかじゃない、胸がキュンキュンするメインヒロインだ!

冴えない彼女の育てかた13 (ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1ヶ月余りで全17冊(外伝含む)を読み終わるとは思わなかった。王道のハーレムものラブコメという感じではあったけど、二層構造、三層構造のストーリーとなっており、非常に面白く読ませていただきました。全然作風は違うんだけど、会話劇という意味で銀英伝をふと思い出してしまったり。
    13巻が完全にエピローグみたいな感じになっており、もう少し骨太の話(具体的には、全員の力を結集した作品を完成する話)を読みたかったかな、と思わなくもないけど、登場人物達の気持ちに折り合いを付けるという意味では良いエピローグであったかな、と思ったりもした。
    あと、外伝(GS)を読まないとストーリーを全て堪能出来ないという意味では、全部本編にすれば良かったのでは、と思わなくもない。ただ、なんだこうだ言いながら17冊も飽きずに読めた、という意味では非常に大満足の作品でありました。オススメです。

  • 本編はついに完結。いちおう攻略ヒロインは3人でほか二人はサブだったのね。にしてもいったい主人公のどこがいいのやらという思いは拭えませんでした。ともあれ劇場版製作決定おめでとうございます。

  • 恵派大喝采。
    ちゃんと完結してくれて、ゴールしてくれてありがとうございます。

  • ありがとう丸戸文明……

    これまで踏み外した道を全力疾走してきた倫也くんが一つのゴールを迎え、歩むべき道を二人で一歩ずつ、その景色をしっかりと胸に刻んでいく。「転」のない最高のエンディングがまさにここにあった。

    恋愛のドキドキ、ズタボロ、全部ひっくるめて
    イチャラブって最高なんですね……
    恵は最高のメインヒロインだったよ……

全5件中 1 - 5件を表示

冴えない彼女の育てかた13 (ファンタジア文庫)のその他の作品

丸戸史明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

冴えない彼女の育てかた13 (ファンタジア文庫)はこんな本です

ツイートする