横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

著者 : 柞刈湯葉
制作 : 田中 達之 
  • KADOKAWA (2017年8月10日発売)
3.32
  • (1)
  • (10)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :96
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040723655

作品紹介

駅監視システムとの情報戦に挑む『京都編』、横浜駅の崩壊と再構築を観測する『群馬編』、駅の侵食から逃れた代償に暴力が許容される『熊本編』、消息不明になった北の工作員の行方を追う『岩手編』を収録。

横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろかった。適度なエンターテイメント性を持たせたライトなSFで、文章も平易、小難しそうな用語は出てくるけど実は理解しなくても物語を読み進められるなど、タイトル同様にSFっぽさを押し出しながらSF初心者にもとっつきやすい工夫が凝らされていて、娯楽小説として質が高いのではないかと思う。増殖を続け、本州全土に拡大した横浜駅と、エキナカで自動改札機に監視されながら生き続ける人々。悲壮感を抱かせすぎないディストピア。恋愛要素や冒険ものが薄めだが、そこらへんもあくまでライト。

  • 全国版という副題ですが、本編を補完するような内容ですね。なので、この巻だけ読んでしまうと、ものすごく尻切れ感がすると思います。

  • 「横浜駅SF」より過去の事が書かれています。

    ケイハの父親のことや、キセル同盟のこと、JR北日本の工作員として、ネップシャマイやハイクンテレケ、サマユンクルが作り出された頃のことなどなど。
    スピンオフ的な感じで作られているようでした。

    今作ではサマユンクルが謎を残しています。

    作者あとがきによると8ヶ月ペースでの執筆を目標としているとのことですので、来年の4月ごろには本編のその後が読めるのかな~

  • 前作を補完するストーリーかな。より理解が深まりました。しかし、ユキエさんやクルのその後も気になるし、まだ続けて欲しいけれど、もういいやかなあとも思う。一つ一つのストーリー楽しめたんだけれどさ。

  • 前作で出てきた脇役たちにスポットライトを当てた、短編集的なもの。結局ユキエさんは電子頭脳か?というのを匂わせるだけで、正体は不明。
    横浜駅が崩壊した後の様子を書いてくれるかなーとも期待していたが、無かったのでがっかり。
    あとがきは何というか作者は面白いと思って書いたが、結果としてスベった感じだった。
    くまモンが神のイコンとして考えられ、熊本の地名の由来と推測されていたのは面白かった。

  • 駅に支配されていないところ、探りに入ったロボット(?)の話し。私の住んでいるところは支配されたにみたい。

  • 全国版は続編じゃなく番外編というか過去編。
    短編形式で前作の話の流れが分かり面白い。
    繋がりとか思惑とか……色々あるのね。
    キセル同盟の立ち上げから崩壊。
    ケイハの父ニジョー。
    JR福岡の最前線にいる情報部・大隈がまだ熊本支所に居た頃の話。
    そしてJR北日本の子供型工作員アンドロイド。

    JR北日本に住んでる私はアンドロイドの
    ネップシャマイやハイクンテレケの話が好き(〃艸〃)ムフッ
    同じロッドで生まれた主記憶装置なのに各自個性が現れてる。
    そして天才と称されるサマユンクルのその後とユキエさんの野望とは………!? 気になる!!

    最初、ネップシャマイやハイクンテレケの名前を見て『あれ?』って思ったけど
    やっぱりそうなのね。

  • 横浜駅SFから引き続き読破。
    前作からそうなんだけど、ひとつひとつの話が独立し過ぎて、最終的にまとまってこない。
    読者側でくっつけて考えろってことなのかもしれないけど、ひとつひとつの話もイマイチ面白くない。

    前作の最初だけがワクワク感があった。

  • 物語というよりは、設定を楽しむ感じですね。
    本作は前作の外伝で、背景や設定を補う短編で構成されてました。
    次作もありそうな気配なので楽しみにしておきます。

  • 横浜駅が自己増殖して日本列島を覆い尽くすというストーリーが話題になった『横浜駅SF』の外伝。今作も作り込まれた細かい技術の設定・描写は健在。ただ、60ページ前後の短編5本はどれも新たな謎を提示したまま終わるので楽しんだ上でモヤモヤも残る。もしかして次回作への伏線なのだろうか?

全14件中 1 - 10件を表示

横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)のその他の作品

柞刈湯葉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
村田 沙耶香
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする