おいしいベランダ。 午後4時の留守番フルーツティー (富士見L文庫)

著者 :
制作 : おかざきおか 
  • KADOKAWA
3.82
  • (5)
  • (14)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040725093

作品紹介・あらすじ

栗坂まもりは、イケメンだけれどベランダ菜園オタクの亜潟葉二の恋人でお隣さん。
 夏を前にベランダ菜園の失敗から散財したまもりは、バイト先の閉店も重なって金欠の大ピンチ。運良く古書店のバイトに採用された! と喜んでいたら、同僚は昨年まもりを好きだと告白していた佐倉井くん……!?
 さらには葉二が偶然、二人が一緒に働いている姿を目にしてしまう。「佐倉井も一緒に働いてるのな。なんで隠すわけ」と言い出した葉二と、まもりはケンカになってしまい――?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この二人見てると『ニヨニヨする♡』って言葉が実にしっくりくるw。物語上起こるあれこれも障害なんて呼べるほどの物じゃなく程良いスパイス的な味付け。のほほの~ん、です。遠距離恋愛を選んでたとしても、これなら大丈夫なんじゃない?

  • 今回もとてもおいしく。ごちそうさまでした◎

  • 葉ニが佐倉井くんに嫉妬するところにキュンときた。
    そんな佐倉井くんも別の相手と恋愛中になってて…
    この先の佐倉井くん気になってたけど、お話に出てきてくれて良かった。
    なんか安心した。

    海旅行の話もほっこりでした。
    姉のちゃっかりした感じに納得させられた。
    北斗と弟くんの仲良しな感じももっとお話に出てきてほしい…

  • すっかり恋人の距離感になってきた、まもりと葉二。
    でも甘すぎず、ホッコリ癒される雰囲気がいいなーと思う。
    ものすごく、好感度が高いカップルだよなー。
    葉二が佐倉井くんに嫉妬してるのも、まもりが葉二の神戸行きの不安に頑張って耐えようとしているのも、お互いにちゃんと想ってるんだなって感じがしてホントいい。
    ていうか、単純に嫉妬して不安になってるだけなのに、隠してたことが気に入らないと言い訳する葉二は相変わらず、大人可愛いなー。

    しかし、佐倉井くんには彼女ができて、もう報われない男子エピソードは増えないのか。
    もう少し、三角関係でいてくれても良かったんだけど、残念だな。

  • シリーズも4冊め
    7月には5冊めがでるなんて!嬉しい

    葉二は淡々と大人ぶってるけれど
    まもりのことがかわいいし好きだよね
    まもりが時々落ち込んだりするのもかわいい
    ふたりのやりとりが微笑ましくて
    すいすい読んじゃう

    両親にうっかり挨拶に行ったり
    弟や甥っ子も出てくるけど
    みーんなキャラがいい!

    作る料理が美味しそうだし
    野菜を育てたくなる(笑)

    何だかんだ言っても
    葉二に指示されたとおりに野菜を収穫し
    おいしいおいしいと食べるまもり
    そりゃたまらんよね

    実写化するなら
    もこさまに料理をふるまってほしい〜

  • 前よりかもまもりのことが好きだとわかる亜潟の様子にクスって感じでした。
    それにしても毎度ながらさらっと作る家庭菜園料理はどれもおいしそうです。

  • ベランダ菜園の失敗から散在した栗坂まもり。
    運良く新しいバイト先が見つかったものの、
    そこでは去年、まもりの事を好きだと告白した
    佐倉井くんが先輩だった!それを知った葉二と
    まもりで言い争いになり…。

  • 葉二さんとまもりがここまできて喧嘩をしてしまってどうなるんだろうと思ったけど、結果またいつも通りご飯作ってるところを見たらやっぱりこの二人に喧嘩は似合わないと思いました。
    それに今回は初旅行編も見れました。
    別荘で食べていたサラダとお刺身は見てるだけでお腹が減りました
    今後の二人がどうなって行くのかますます楽しみです
    次巻が出されるのを楽しみまってます

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1999年度ノベル大賞佳作受賞を経てコバルト文庫よりデビュー。以降、少女小説、ライトノベル、漫画原作など多方面で活躍する。主な著作は『東方ウィッチクラフト』(集英社)、『横濱妖精探偵社』『おいしいベランダ。』(KADOKAWA・富士見書房)など。描かれる人間関係や作品世界のあたたかな雰囲気は、多くの読者に支持されている。 なお『おいしいベランダ。』シリーズに登場する料理とベランダ菜園は、すべて著者自身の実践・実食に基づく。

「2018年 『おいしいベランダ。 マンション5階のお引っ越しディナー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おいしいベランダ。 午後4時の留守番フルーツティー (富士見L文庫)のその他の作品

竹岡葉月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする