カフェ・グリムへようこそ シンデレラとカボチャのタルト (富士見L文庫)

著者 :
制作 : ひだか なみ 
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040725109

作品紹介・あらすじ

童話をモチーフにした料理やスイーツで、ひそかな人気を集める「カフェ・グリム」。就職活動でやらかした帰り道、育美はふとそのお店へ迷い込む。店内ではグリム兄弟に扮する二人の青年が言い争いをしていて……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グリム童話を題材にしたコンセプトカフェで
    来店した、日常の悩みをもつお客様に
    童話にちなんだお料理を提供していくーーそんな話


    グリム童話が好きで、それをメニューに取り入れているなんて素敵!と一も二もなく手に取った

    想像以上に、といっては失礼だけども
    期待していたよりもはるかに良かった!
    どうせイケメンの店員とドジっ子なウェイトレスがキャッキャする
    おシャンティカフェなんだろうきっと、とちょっと斜に構えていたけれど
    そういう無駄な感情を挟む隙間はなかった


    童話だって元をたどれば人々の生活に深く根ざした、
    日常の話なんだよな、と改めて気づかされる
    取り上げられる童話、そして対となる来店客の悩みなどがまさにそうで、
    決して大袈裟に、メルヘンチックに仕立てました!というのではなく自然に取り扱われていて切り口も面白く、
    リアルと物語の狭間に心地よく座っている感覚が楽しめた

    そして料理!
    童話をイメージした見た目だけで済ますのかと読む前は思っていたけども、
    材料や隠し味、食感、料理を注文した人に必要なもの、など
    それらにピッタリなものを
    ドイツ料理の中から見つけ出し、アレンジが加えてあって
    とても丁寧に仕込みをしたんだろうなと
    読んでいて感じた

    それらがまた頭の中で形を持ちつつ提供されて
    あーーなんでこのカフェ実在しないんだろう?!
    と怒りにも似た羨望が沸き起こる

    続編が切望されます!

  • 軽いイケメンと表情あまり出さない仏頂面のイケメンに「(かわいい)妹」って呼ばれ大切にされながら、カフェの店員をやるお話。
    最後にヴィルがヒロインのことを「シャルロッテ」ではなく本名の「小野」で呼ぶところはきゅんとしてしまいました。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

藤浪智之 (ふじなみ ともゆき)
ゲームライター。ゲームデザイナー。静岡県出身。
テーブルトークRPG、コンピュータRPG、コミックの原作、コミックのノベライズ、ゲームブックなどを手がけている。ゲームブックではKCDX「七つの大罪ゲームブック迷いの森の冒険」(原作・イラスト 鈴木央)が話題となっている。

カフェ・グリムへようこそ シンデレラとカボチャのタルト (富士見L文庫)のその他の作品

藤浪智之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする