わたしの幸せな結婚 (富士見L文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.95
  • (38)
  • (49)
  • (33)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 591
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040730196

作品紹介・あらすじ

この嫁入りは黄泉への誘いか、奇跡の幸運か――

 名家に生まれた美世は、実母が早くに儚くなり、継母と義母妹に虐げられて育った。
 嫁入りを命じられたと思えば、相手は冷酷無慈悲と噂の若き軍人、清霞(きよか)。
 数多の婚約者候補たちが三日と持たずに逃げ出したという悪評の主だった。

 斬り捨てられることを覚悟して久堂家の門を叩いた美世の前に現れたのは、色素の薄い美貌の男。
 初対面で辛く当たられた美世だけれど、実家に帰ることもできず日々料理を作るうちに、少しずつ清霞と心を通わせていく――。

 これは、少女があいされて幸せになるまでの物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マリモさんの雄叫びからはじまるレビューを拝読して、どうしても読みたくなった物語。

    あぁ、もうっ、これ好きぃーっ!!ぃーっ!ぃ─

    ……ごめんなさい。わたしも雄叫びをあげてしまいました。どうしても気持ちが押さえられませんでした。
    マリモさんまで届いたかな……?
    『わたしの幸せな結婚』紹介してくださってありがとうございました。とてもキュンキュンさせていただきました。

    もうね……
    読、ん、じゃ、っ、た。
    あぁぁ、読んじゃったよ。
    知らなければよかった。
    と最初思ったね、うん 笑。

    だって知ってしまったら、もう最後。
    この物語から抜け出せなくなってしもたやーん!
    脳内は『わたしの幸せな結婚』の世界に染まりまくり。
    「乙女心」封印解除したとたん制御不能ですよ 笑。どうする、わたし!?

    眉目秀麗、優秀な軍人と不遇な環境で育った心優しい少女の王道シンデレラストーリー。
    好みすぎて泣きそうになるほどの、これまた王道なキャラ設定。
    とにかく、
    落窪物語好きな人集まれー!
    シンデレラストーリー好きな人集まれー!
    って感じ。

    さらに、
    明治・大正時代の浪漫を感じる雰囲気が好きなわたしのために(何でやねんっ)、舞台はこの時代の帝都。
    日本が西洋の文化と出会った華やかな時代。
    おしゃれな服装。可愛いカフェや洋食屋さん。クラシカルな建築物……
    だからといって何もかも自由なわけじゃなくて、結婚は親の決めた人だとか不自由な時代でもあったわけで。
    夜の闇もまだまだ深く、得たいの知れないものが潜んでいるような不穏な空気も漂っている……
    そう、この物語は、人間に害をなす鬼や妖なんかを討伐する異能者たちの物語でもあるわけなのだ。
    つ、ま、り、
    明治・大正時代の帝都が気になる人集まれー!
    異能系ファンタジー気になる人集まれー!
    って感じにもなる。

    そして何より、
    主人公2人の好感度が大。
    冷酷無慈悲と噂の若く美貌の軍人であり、また優秀な異能者である清霞。
    異能者の両親から生まれながら、異能を使えない少女、美世。美世は名家に生まれながら、継母と義母妹に虐げられ使用人のように育つ。
    二人の心が少しずつ近づいていく過程がね、キュンとなる。
    えっ、どんなキュンて?
    そうね、初恋のキュンって言ったらわかるかしら……

    清霞の仕事中と、戸惑いながらも大切な存在となっていく美世の前でのギャップ。
    もちろん、頭ぽんぽんシーンありですよーぉ(あぁ、もうたまらんっ)
    軍服姿の凛々しい清霞と家で寛ぐ清霞。異能者としての清霞。
    こんな乙女心キュンキュンさせる完璧なひとを出していいの!?作者さーん。

    美世も可愛くて仕方ない。
    美世は自己肯定感がとてつもなく低く、少し前向きになったかなと思えば、また後ろに下がってしまったり。それでも清霞やゆり江(清霞が幼い頃から親代わりにお世話してきた使用人)たちに見守られながら、何があっても自分の譲れない場所を守るために勇気を出すのよ。
    美世って、まるで干からびた葉っぱが綺麗な水を与えられて生き返り、ぐんぐん成長し艶やかな緑になっていく……そんな美しさと強さを感じる少女。清霞やゆり江のさりげない優しさに触れながら、これから変わっていく様子が楽しみで、とても応援したくなる。

    今回はまだ序盤。これから異能ファンタジーという設定がストーリーをどんどん盛り上げていきそう。
    とっても楽しみなシリーズだ。

    • マリモさん
      わー、めっちゃ届きました〜!
      憧れの地球っこさんのレビューに登場してしまい、さらに地球っこさんのレビューに読んだ時の興奮を思い出して、また雄...
      わー、めっちゃ届きました〜!
      憧れの地球っこさんのレビューに登場してしまい、さらに地球っこさんのレビューに読んだ時の興奮を思い出して、また雄叫び上げそうになりましたよー!
      もう、スキィィィーー!!!

      そう、王道系てんこもりなんですよね!胸キュンポイントが多すぎるので、乙女心にはどこかしら引っかかるところがあると思うんです。(私は網という網に引っかかってましたが!笑)
      頭ポンポンシーンとかも、使い古されてる技なのに!なのに!頭ポンきたーー!ってぶっ倒れてました(笑)
      櫛のさりげない(?)プレゼントのやり取りも可愛いし、清霞の軍人の制服と家での着流姿のギャップには私もメロメロですー!

      本当にまだ序盤で、異能の実態もまだよくわからないし、何より美世の覚醒はこれから…!ということで、これからまだやだ、世界の広がりと二人の距離の狭まりが楽しめそうですよね!(*´∀`*)
      一緒に追いかけるお仲間ができてキャピキャピ(死語)です!応援していきましょう\(//∇//)\
      2020/06/03
    • 地球っこさん
      マリモさん、わかります!
      もうね、メロメロポイントだらけですよ。
      悶えまくりでした。
      もちろん櫛のやりとり場面なんて、最高にニヤニヤし...
      マリモさん、わかります!
      もうね、メロメロポイントだらけですよ。
      悶えまくりでした。
      もちろん櫛のやりとり場面なんて、最高にニヤニヤしちゃいました。
      朝御飯のシーンで、清霞の襟元をくつろげた軍服姿を想