メイデーア転生物語 3 扉の向こうの魔法使い(上) (富士見L文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.09
  • (8)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040736587

作品紹介・あらすじ

前世の自分を殺した男と邂逅し、世界の謎が動き出す予感を覚えるマキア。いっぽう魔法学校では、第一学年最後の班課題が発表される。高評価を目指して奮闘する班員たちだが、留年生のフレイはどこか上の空で――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 登場人物が増え、マキアを囲む周囲があきらかになっていく。この刊では特に、マキアの前世を殺した男と、班員フレイのターン。
    そしてアイリで次刊へ。
    うーん、悪人がだんだんいなくなる感じ?
    話が面白いだけにもうちょっと書き込んでくれるとなー。そこが残念。

    それにしても籠城している王子の部屋に入るの簡単すぎね?さらにはご令嬢が王子のベッドの端に座るっておいおい(^_^;)とか思った。後のフラグなのね。
    もちろん守護者の紋章をフレイに見せるシーンで壊れるトールも好き(* ̄∇ ̄*)
    能天気なお嬢にやきもきさせられるトールガンバれ。

  • マキア、ギルバートとフレイを仲直りさせる。
    正妃なかなかお茶目。
    しかし話の枝葉が多すぎて、本筋が停滞している。
    学園青春ものでないのなら、課題のシーンはもう少しコンパクトにするか番外編でもいいのでは。
    ところで第4王子って出てきたっけ?

  • ルネルスキア魔法学校の9班4人の友情が物語の重要な鍵となりそうだ.地球との関係や死神の将軍などまだまだ秘密がいっぱいの物語.マキアがありのまま成長していくのが楽しみだ.

  • 田中さんの初めて語られる心情にオドロキ。え、いいやつなの?

  • 役者が揃ってきましたね。でも続きは冬って、、、絶対内容忘れる(笑)ま、そのときはまた読めばいいか。しかし、昔の大司教と女王が爺と姫みたいな年齢差だったなんてー。そして、その口の悪さはどうしてー(笑)

  • 作家さん買いです。
    登場人物の背景が色々わかってきた3巻です。

    トールも実は思い出していたりするのかな?

    次巻でアイリがどっちに転ぶのか?

    ネロとカノンも気になります。

  • 最近流行の異世界転生物。
    流石に友麻碧読ませます。

  • 2020/08/12購入。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

ゆうまみどり。福岡出身。小説「かくりよの宿飯」シリーズが大ヒットとなり、コミカライズ、TVアニメ化、舞台化など広く展開する。ほか、代表作に「浅草鬼嫁日記」シリーズ(富士見L文庫)、「鳥居の向こうは、知らない世界でした。」シリーズ(幻冬舎文庫)などがある。

「2021年 『浅草鬼嫁日記 九 あやかし夫婦は地獄の果てで君を待つ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

友麻碧の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

メイデーア転生物語 3 扉の向こうの魔法使い(上) (富士見L文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×