後宮妃の管理人 三 ~寵臣夫婦は繋ぎとめる~ (富士見L文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.20
  • (8)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040736808

作品紹介・あらすじ

優蘭のおかげで寵妃・紫薔の懐妊も落ち着き、後宮内に平和が訪れた頃。優蘭に新たな試練が舞い込んできた。「陛下と離縁をしたいので支援してほしい」と手紙が届いたのだ。一難去ってまた一難。どうする寵臣夫婦!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 後宮のすべての女性の味方になる、と宣言した優蘭。今回は、後宮最大の、夫婦痴話喧嘩!優蘭の感情はなかなか揺れないので、揺れ揺れした今回はよかったです。主人公の恋愛はほぼ進まず、でもお仕事は順調です。

  • 皇帝に奥向きが子供っぽいところと、表向きが有能なところがあるのはいい。家臣2人(慶木と皓月)との関係もとてもよい。しかし、子供っぽいところがここまで行くと側迷惑。しかし、その子供っぽさのお蔭で優蘭と皓月の距離が縮まって行く様子が楽しめたのでよし。
    不穏な動きを見せている何人かが、次巻以降どのやうに暗躍するのか、それとも表に出てくるのか、優蘭と皓月にとってあまり辛い事態にならないよう祈りたい。

  • 皓月がすごい攻め始めたりキャラがみんな出てきて終始叫んでた。

  • 2020年9月6日読了

    事件よりも少しだけ恋愛にフォーカスされた回。
    ここで前2巻分の皇帝への鬱憤を晴らせたのは、やはり痛快!

    夫婦仲も恋愛一歩手前まできたような雰囲気。
    無自覚の反応が、これからどうなっていくのかが楽しみ。
    皇帝と賢妃の関係が、今後の夫婦のいい刺激になって行けばいいなぁ。
    憂いを払った賢妃が、他の3人の妃とどういう関係になるかも楽しみ。

  • 皇帝面倒くさい(笑)ま、賢妃との仲がうまくいったのも、側近やヒロインのおかげなんだから、もう少し感謝してもいいのではないかなー 賢妃がそのあたりの手綱もってくれるものと信じて!そして宦官長がうさんくさいわー

  • 既刊一気に全部読んじゃった。今回は賢妃様。規模の大きな夫婦喧嘩だった。珀家の使用人さんたちいい仕事するし、五彩宦官が可愛く思えてきた。仕事のできるお姉さん雀㬢登場。頼りになる人が増えたけど、宦官長には気をつけて… ふたりの幸せな日常が続きますように。次巻以降も皇帝に振り回されるだろうから、少しでもこの瞬間を楽しんでほしい。

全6件中 1 - 6件を表示

しきみ彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×