万葉ブックカフェの顧客録 (富士見L文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.14
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 85
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040736822

作品紹介・あらすじ

とある事情で仕事を辞めた志野は、ある日『千撰萬葉集』という古い本を見つける。
しかし、本を開くと小さな和装の女が挟まっているではないか。
悲鳴を上げた瞬間、ざわわーっと同じく小さな生き物たちが本から飛び出していく。
突然神様や妖(あやかし)が見えるようになって困り果てた志野は、この体質を治してもらう代わりに義切が営むブックカフェで働きながら逃げた詠人(よみびと)を集めることに。
ところが詠人を本に戻すには、歌に沿った悩みを解決しなければならない。
彼らに寄り添う内に志野は自身の過去にも向き合い始め……?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『万葉集』が関わってくる話と聞いて。
    ある方が選歌した『万葉集』の歌集に宿った付喪神たちを集める話だが、その付喪神たちが逐一可愛い。
    酔っぱらっている旅人すら可愛い。
    歌に宿った付喪神たちだから、歌人そのものの姿や性格ではないところも面白い。
    額田王を「ぬーちゃん」と呼んで親友になるとか、何と恐れ多いという。
    ぬーちゃん……(他にいいネーミングはなかったのかという顔)

    本から離れた付喪神たちは姿を保つために他の人に憑いてしまい、しかも感情移入すると本に戻りたがらなくなるため、その人の悩み解決までしなければならなくなった主人公。
    最終的には自分の親子問題にも踏み込むことに。
    親の心はなかなか子供には伝わらないものである。
    何事もやはり言葉で伝えるのは大切だなと考えさせられた。

    主人公の頑張りとぬーちゃんのキャラが立ちまくっているせいか、読み終えた時に「そういや義切の存在が薄くないか?」と思ってしまったのが勿体ない点。
    彼は人らしいけれど限りなくあやかり寄りだが、正体が分からないままだし、主人公を助けているけど不在が多いから、色々設定盛られている割に影が薄い……
    今後も付喪神たちを集める作業は進みそうだから、その際彼の正体も見えてくるのだろうか。
    読み終えた時に、彼が使っていた子鬼たちの方が印象強かったからなあ。
    何故だ。
    (要は人外たちが可愛すぎた。怖いのもいたけれど)

  • よくあるカフェとあやかしのお話かと思いましたが、とてもお勉強になりました!!

    ただのコーヒー好きのオーナーのような義切さんって何者??
    …ということで、続きを楽しみにしてます〜

  • おー、期待してたよりずっと好きだった。志野の行動が時々唐突でびっくりだったけど。義切さんのだるいキャラもいい。続きも出るといいな

  • 志野は臆病に見えるのに、考える前に行動してるのか?と思うようなところもあって、面白い。額田王や義切の無理な勧誘(?)に抗えずに、働き始めるほどのお人好しな感じは心配になるけれど、そこまで嫌がっているようにも見えないし。個性的な詠人たちとのやり取りも楽しかったので、他の詠人の話も見てみたいな。と思った。

全4件中 1 - 4件を表示

山咲黒の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
凪良 ゆう
知念 実希人
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×