さよなら異世界、またきて明日II 旅する轍と希望の箱 (ファンタジア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040737348

作品紹介・あらすじ

滅びかけた異世界で旅を続けるケースケとニトは、“物語”を探しているという届け屋の女性・シャロルと出会う。彼女の探し物を手伝ううちに、三人はとある村に伝わる“灯花祭”を復活させることになるのだが――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • みんなが終わっていく世界の中で色々な悩みをかかえていて、その中でそれらを真っ直ぐに手助けしたいというニトの行動に感動した。成長するにつれて考えすぎてしまうことも多くなってしまうけれど、真っ直ぐ行くことも大切なことだと改めて感じさせてくれた。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

「放課後は、異世界喫茶でコーヒーを」で第1回カクヨムWeb小説大賞特別賞を受賞。

「2020年 『さよなら異世界、またきて明日II 旅する轍と希望の箱』 で使われていた紹介文から引用しています。」

風見鶏の作品

ツイートする
×