追放された転生公爵は、辺境でのんびりと畑を耕したかった ~来るなというのに領民が沢山来るから内政無双をすることに~ (カドカワBOOKS)

著者 :
  • KADOKAWA
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040738253

作品紹介・あらすじ

転生し公爵として国を発展させた元日本人のヨシュア。しかし、クーデターを起こされ追放されてしまう。絶望――ではなく嬉々として悠々自適の隠居生活のため辺境へ向かうも、彼を慕う領民が押し寄せてきて……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 異世界転生の内政モノ。イマイチかな。

    神託で聖女によって追放された公爵のヨシュア。
    人の住まない辺境を開発。電気まで開発は珍しいかな。

  • んー、内政スキーには良いのかなぁ?私的にはイマイチ。キャラがあんまり魅力が無い気がした。主人公の自業自得の考えと行動もあんま好きじゃない。途中途中に入る思考もそれいる?っての多いし、イラッとした。まあでも金返せ!って程では無い。ただ次巻はいいかな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

第二回カクヨムweb大賞・特別賞を受賞。代表作に「格安温泉宿を立て直そうとしたらハーレム状態になったんだけど全員人外なんだ」

「2020年 『最強ハウジングアプリで快適異世界生活 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

うみの作品

追放された転生公爵は、辺境でのんびりと畑を耕したかった ~来るなというのに領民が沢山来るから内政無双をすることに~ (カドカワBOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×