探偵はサウナで謎をととのえる (富士見L文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040738741

作品紹介・あらすじ

刑事・水田龍二の義父・櫓竜太郎は探偵になりたいらしい。龍二は試しに解決済みの事件を話すも推理は的外れなものばかり。だが、竜太郎に連れられ入った温泉施設のサウナで、彼は言った。「謎は全てととのいました」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 引退した元刑事が、現役の刑事である義理の息子が持ち込んだ事件の謎を、サウナに入るとたちまち"ととのえて"しまうという、サウナ限定の安楽椅子探偵もの。
    事件のプロローグには、必ず犯人とおぼしき人物の独白があったり、事件の全容は全て描かれているので、自分でも推理することができるつくりになっている。
    ミステリ慣れしている人には、わりと犯人分かりやすいかも…そもそも事件に絡む人物も少ないので、当てずっぽうでもイケるというか。
    単純だけれども、キャラクターは愛嬌があっておもしろいので、シリーズ化するなら、自作も読んでみようかなと思わせてくれる作品でした。

  • ゆるーい感じの探偵がとてもほっこりしました。サウナに入ると事件が解決する安楽椅子探偵で可愛らしいです。
    サウナに縁は全くなかったのですが、興味がわくくらい謎解きと同等レベルの熱量で書かれていました。

  • ミステリーとしてはさほどではないけれど、キャラクターが愛らしい。

全3件中 1 - 3件を表示

吉岡梅の作品

ツイートする
×