役立たずと言われたので、わたしの家は独立します! ~伝説の竜を目覚めさせたら、なぜか最強の国になっていました~ (カドカワBOOKS)

著者 :
  • KADOKAWA
3.60
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040738888

作品紹介・あらすじ

言いがかりで婚約破棄された聖女・フローラ。そんな中、魔物が領地に攻め込んできて大ピンチ。生贄として伝説の竜に助けを求めるが、彼はフローラの守護者になると言い出した! 手始めに魔物の大群を一掃し……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白かった!近い内に続き買う

  • コミカライズが面白かったので読んでみました。
    主人公フローラ大好きな人達が周りに集まってきてなんでもありな感じ。大好きにさせる努力と下積みが有ったからなのだと思います。ゆる〜くて可愛い妖精達が個性的。猫精霊さんが異世界から召喚した猫達がニホンゴ話すのが楽しい。個人的に「たぬ〜」がツボってます。

  • もふもふが良かった。猫はありがちだけど数が凄いし、タヌキとキツネも出てくる。キツネに至っては執事風。猫達がしゃべる事が現代日本風で笑えるし。異世界でリモートワークとか、精霊は何でもありだなwでもこれ続くの?ほぼ騒動終わってるよね?国造りと恋愛モードになるのかな?

  • 聖女・フローラは伝説の竜で精霊王のリベロを助けたことから精霊を使役し、魔力も強くなる
    が、王族はそれをやっかむばかり、、、フローラはそんな王族たちを見限り独立を宣言する
    という感じのお話
    聖女と言われながらもなにげに破茶滅茶なフローラが、伝説の竜リベリや友人のマリア、辺境伯である父や兄を巻き込んで繰りなすドタバタコメディ感が楽しい
    マスコットキャラのような精霊たちもコミカルだし
    ただ戦闘がネコでモフって終わりとか、、、ちょっと適当すぎじゃね?
    内政もあっさり完成しちゃうし

    とりあえず精霊の怒りは未解決だし、独立後の道筋なんかもこれから
    続刊に期待したい

    以下再読のための備忘
    ・フローラの魅力はギャップ萌え(笑)
    ・「我が偉大な存在であることは、我自身が誰よりも理解しておる。わざわざ人族の子らに敬意を強いるまでもない」「器、大きいですね……」
    ・勢いのついたフローラは誰に求められないのさ(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

なろう出身作家。三重大学医学部卒。研修医期間中に執筆活動を開始。現在は脳外科医。アリアンローズより『張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。』1~4巻、『起きたら20年後なんですけど! ~悪役令嬢のその後のその後~』シリーズ、徳間書店より『異世界から能力そのままに勇者が戻ってきました。 』刊行中。

「2021年 『異世界で手に入れた生産スキルは最強だったようです。 ~創造&器用のWチートで無双する~ 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠野九重の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
知念 実希人
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×