追放された転生公爵は、辺境でのんびりと畑を耕したかった 2 ~来るなというのに領民が沢山来るから内政無双をすることに~ (カドカワBOOKS)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040739724

作品紹介・あらすじ

住居や街の整備、農作物の栽培など順調に辺境の開発を進めるヨシュア。そんなある日、電気をおこすことに成功したものの、その電気を溜めるバッテリーがないことに気付く。考えあぐねているとペンギンが現れて!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シャルロッテ登場も、前評判の割にあっさりモブ化
    ペンギンが実は転生者でっていうのは意外性もあるが、結局技術顧問になってそれだけ

    街として発展していく様子も、ほそぼそとした技術の話ばかりで物足りず、その技術もペンギンとセコイアに丸投げで終わり
    人徳といえばそれまでだけど、なんかもう一歩かな、、、
    ワイガヤも基本モブ感が強すぎてあまり楽しくないし

    【以下再読のための備忘】
    ・絶対に誘いに乗ってはダメだ。ベッドに行かないと喋らないとか言い出しても、決して。

    【内容:アマゾンから転記】
    新たな住人はヨシュアの元秘書官と、まさかのペンギン!?

    住居や街の整備、農作物の栽培など順調に辺境の開発を進めるヨシュア。そんなある日、電気をおこすことに成功したものの、その電気を溜めるバッテリーがないことに気付く。考えあぐねているとペンギンが現れて!?

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

第二回カクヨムweb大賞・特別賞を受賞。代表作に「格安温泉宿を立て直そうとしたらハーレム状態になったんだけど全員人外なんだ」

「2020年 『最強ハウジングアプリで快適異世界生活 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

うみの作品

ツイートする
×