培養カプセルを抜けだしたら、出迎えてくれたのは僕を溺愛する先輩だった (ファンタジア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040739946

作品紹介・あらすじ

想像できる?
目が覚めたら、240年経ってた僕の気持ちを!?

ちょっとした事故に巻き込まれて死んじゃった僕だけど、
お付き合い始めたばかりの超絶美少女にして
お嬢さまにして才媛中の才媛、天才の呼び声も高い先輩
(※まだナニもできていない)が、
研究に研究を重ね、ついに!僕を生き返らせてくれたんです。
(ってことは先輩何歳よ?)

僕が死んでた間に世界にはイロイロあったらしく、
文明は衰退しているし街はジャングルみたいになっているし…。
僕の青春と、あと性春も取り戻したいんですけど、どうしたらいいんですか?

終末世界をたくましく闊歩し、
青春を謳歌しようとする若者たちの日常を描く、SF青春小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 予想以上の出来やった。
    続きが気になるな。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする
×