キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦11 (ファンタジア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.20
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040740775

作品紹介・あらすじ

『これから映しだされる物語は、バッドエンドだ』天帝ユンメルンゲンに招かれたイスカ達。百年前の真実を明らかにすべく『灯』の星霊が映し出したのはクロスウェルとユンメルンゲン、そしてネビュリス姉妹の姿で――

著者プロフィール

『黄昏色の詠使い』にて第18回ファンタジア長編小説大賞佳作を受賞。『氷結鏡界のエデン』『不完全神性機関イリス』をファンタジア文庫にて刊行。

「2022年 『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦13』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細音啓の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×