ぼんくら陰陽師の鬼嫁 七 (富士見L文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.87
  • (6)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040740928

作品紹介・あらすじ

廃遊園地の一件を切り抜け、大学でも新年度を迎える芹――ところがどうにも体調が優れない。その様子を見た皇臥は、芹に呪詛が効いていなかったことから、元々別件で呪いを受けていたという可能性に思い至り……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さばまるファンシーランドから回収され、本邸で寝込む、鷹雄光弦こと北御門貴緒。
    一方、芹も体調が悪いままで……。

    ホームである北御門家に戻って、夫・皇臥、義母・史緒佳、式神たちとのからみが復活。
    ほのぼのたのしいやりとりという、シリーズの魅力が復活してうれしい。

    新しい式神、形代である青竜・如月と、貴緒。
    クセの強いキャラクターが増え、新たな掛け合いもたのしい。

    怖い話が多いけれど、今回の呪いの真相は見えてくるので、あまりひやひやせず。

  • 二人共同じ呪術を。
    何かしら違和感を感じていたにも関わらず、誰にも情報を共有しなかったのは悪手だったのでは。
    今現在起きている事を整理していけば、もっと早く辿り付けていたのではないか。

  • だいたいの話の流れは覚えてるけど、登場人物となると細々したことは忘れてるわ。沙奈ちゃんが何したのか、何をしてないのか記憶にない(笑)でも、廃墟遊園地には行ってないのね。で、彼女を行かせないようにした大学准教授の義叔父が非常に怪しいと。式神(鬼)使いなの?そのあたりは次以降かな。さて、表紙の皇臥そっくりさんはてっきり学ラン着た若い頃の皇臥かと思ったらジャージでしたか。そっくり、でも表情が本人以上に豊かだと違和感あるんだろうな(笑)あと、鷹雄は津田さん声で読んじゃうな(笑)

  • まあ、嫁のほうが気が付いてない系の描写が一応は
    多いけど、お前らいい加減にしろよ、て感じで。
    ネタはある程度読み進んだ半ばくらいで気が付いたけど
    ずいぶんと前から仕込んでたなぁ、とこの辺はさすがというべきだろうな。

  •  芹の体調が思わしくなく、それが風邪ではなく呪いあると気付いた皇臥。所が、北御門の呪詛が効かず不審に思っていた。それは芹がすでに違う呪いを受けていると解り…

     あとがきにもあったけど、今回の皇臥はちょっとコミカルな活躍で見せ場がイマイチでした。芹との距離も近づいてはいるんだろうけど、まだ芹は無自覚でもどかしい。

     友人の高校時代のジャージがキーポイントになるとは思いませんでした。それと、近所の人達の誤解を早く解かないとですね。

  • はい、また騙されました。
    想像の裏をかかれ続けております。
    このシリーズ、絶対私の思った通りに進まなくて、本当に好き。
    明らかに怪しい伏線引きまくりなのに、全然回収してこないあたりまだまだ続きそうで、安心してます。
    今回は新しい式神も登場して、次回への期待度もどんどん高まる一方です。ただ、表紙見た時は初見だったので兄の貴緒さん、自宅では髪の毛とかも切ってこんなラフな感じの格好してるんだ〜と勘違いしました(笑)
    また1年くらい気長にお待ちします‼︎

  • 面白いんだけど、会話がなかなか思うように進まなくてもどかしい。なかなか核心に触れないと言うか、要領を得ないと言うか。
    芹と北御門の家族との関わりは温かくて好き。

  • まだまだ続くよー

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

神戸に本拠を構えるグループSNE所属の作家。王道のストーリー展開を、愛嬌あるキャラクターで軽妙に進む作風が人気を博し、数々のシリーズを立ち上げた。動物好きでエッセイなども手がける。代表作に「新米女神の勇者たち」シリーズ(KADOKAWA/富士見書房)、『三宮ワケあり不動産調査簿』(富士見L文庫)など、著書多数。

「2021年 『ぼんくら陰陽師の鬼嫁 七』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋田みやびの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×