白豚妃再来伝 後宮も二度目なら 一 (富士見L文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.07
  • (12)
  • (9)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 103
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040741215

作品紹介・あらすじ

 濡れ衣で後宮から花街へと追放されてしまった「白豚妃」珠麗。泣き暮らすしかない境遇――をばねに、貧民窟の若頭の礼央の保護のもとで、思いのほか充実した生活を送っていた。
 しかし、苦労に磨かれ別人のような絶世の美女になった彼女は後宮に再収容されてしまう!
「バレたら処刑だわ!」珠麗は懸命に後宮からの脱走を図る。だが、脱出行動が裏目に出たり、花街と貧民窟で鍛えた処世術が役立ちすぎて、冷酷なはずの郭武官にうっかり妃候補として取り立てられるほど活躍を重ねてしまい――?

<<<スクウェア・エニックス「マンガUP!」にてコミカライズ決定! 期待の新作、ついに書籍化!>>>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • goya626さんの感想を読んで手に取った本です。

    何をやっても裏目に出る(客観的にはいい方向に転んでいるように見える)珠麗。アンジャッシュのすれ違いコントのような、落語のような展開がたまらなく面白い。
    それでいて、ほろりとするような展開もあり、ずっと応援したくなる主人公です。
    久しぶりに読むのが楽しみな本に出会いました。
    どうも二巻で完結のようなのですが、すぐにでも続編を読みたくなる物語でした。

  • いやはや最高に笑えて馬鹿馬鹿しくて、ちょっとほろりとするお話。無実の罪を着せられて、後宮を追い出された珠麗(珠珠)は後宮妓楼で肥桶番になったが、天来の一途さと賢さとちょっとおまぬけな人の好さで、たちまち周りの人間の心をつかみ、次に貧民街でも与えられた仕事に邁進する。人攫いに逢って後宮に戻るが、早く後宮なんかを去りたい本心とは反対に、着々と周りの信頼を得てしまうのだ。非常に魅力的な主人公だ。敵役の妃姫の楼蘭や太監守長もばっちし悪玉で面白い。

  • ふつつか悪女がおもしろかったので、こちらも手に取りました。やっぱりサイコー! おもしろい!
    なんといっても主人公のキャラが魅力的。どんな逆境でもへこたれずに這い上がる、すべきことを真摯にしている内にすごい能力がついて周りに認められる、本人の意思とは違うところでいいように誤解されて助けられる、悪意を知らず知らず受け流して無効化する。キャラクター文芸ならではの強キャラっぷりに、読者もスカッと爽快になります。
    次巻は一月発売とのことで、ラストバトルがどうなるのか、どっちとくっつく(?)のか、今から楽しみ!

  • おもしろかった!珠麗の天然ぷりに意外な頭の回転の速さ、底抜けの人の良さ、とても好きだった。
    続きが楽しみー!

  • ふつつかな悪女が面白かったのでこちらも読んでみたけど、ヒロインの明後日の方向への暴走っぷりが愉しかった。

    ヒーローが二人出て来るのは(おそらく、皇太子とあの影がそうだろうと思われる)ふつつかな悪女と同じ方向性なのかな?

  • どんな重苦しいところから始まるかと思いきや、なんだか読んでいても珠麗、もとい珠珠の行動一つ一つに、他のキャラ同様絆されて何か和む。どうなっていくかまだ見えないけど、続きが楽しみ。

  • 「いい波来てるわよ」リバースの最中にそんなこと言われたら逆流する(笑) 中村さんらしいヒロインちゃん(2作しか読んでないけどw)とにかく前向き。1度目は失敗するけど、2度目には花開く天運の持ち主。さて、男前が2人出てくるけど(あ、おねえいれて3人か!?)どっちとくっつく?どっちもどっちだよね(笑)武官は焼印入れた?相手だし他にもアレだし、賊徒集団の頭領も守銭奴な感じだし。性別違うんだけどさ、蓉蓉台詞が煉獄さんの声で再生されるのよ。うまいともよもやよもやとも言ってないんだけどさ。誰も共感してくれないよね(笑

  • 最初はあんまりはまらなかったけど
    読んで行くうちにおもしろさがわかる

  • 二度目の女

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

2016年『無欲の聖女』を出版して以来、『神様の定食屋』『地獄の沙汰もメシ次第』(双葉社)、『シャバの「普通」は難しい』『貴腐人ローザは影から愛を守りたい』(KADOKAWA)など多数手がける人気作家。圧倒的な登場人物の魅力と、爽快感あふれる展開に、読者から熱烈な支持を受けてやまない。Twitterアカウント @satsuki_nkmr

「2022年 『白豚妃再来伝 後宮も二度目なら 二』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村颯希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×