EAT 悪魔捜査顧問ティモシー・デイモン (富士見L文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.05
  • (9)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 79
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040741253

作品紹介・あらすじ

ある事件で仲間を喪った捜査官・ミキオ。傷心の彼の前に現れたのは死刑囚の連続殺人鬼・ティモシーだった。驚くミキオだったが、なんとFBIの特殊捜査班・EATとして、ティモシーとバディを組むことになり……?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アメリカFBIのEAT(特殊事件捜査班)というのは、とんでもない姿をしていたり、人を食らったり、血を吸ったり、ゾンビだったり、様々なノンヒューマン(怪物)を相手にする部署だ。ミキオ・ジェンキンスは、なんと人肉を食べて捕まり死刑になったはずのノンヒューマンのティモシー・デイモンと組まされることになる。最初は不信感を持って接するミキオだが、意外と普段はティモシーはまともだった。二人でノンヒューマンが起こした事件を解決していくのだが、なんだかねえ、とんでも感が漂っていて、いまいち乗り切れないんだよなあ。

  • NY市警の警官だったミキオはこの世のものとは思えない怪物に仲間を殺された。そんな話を誰も信じない中、回復したミキオに呼び出しが来る。怪物専門の捜査官にならないかと、そしてその相棒は人間ではなく怪物だった。
    人間と人外の相棒もの作品は多いが、相棒はよくある吸血鬼や狐、しっぽが二股の猫でもなくウェンディゴなのが珍しくて興味が湧いた。ウェンディゴ=雪男の認識で毛深い白いゴリラだと想像していたが、全然違っていた。見た目は吸血鬼っぽいが血は飲まず、人の肉を食う。最近の設定だと人を食べるが我慢が出来て、普通の食事が可能ということが多い。この作品はあえてそれをしなかったが、人間とノーヒューマンでは根本が違うという差別化を上手に出来たと思う。そして、生き物として違っていても相手を思うことが出来る、手を取ることは出来るという表現も出来たのではないだろうか。
    そして、ミキオとティモシーがそれぞれ良い味を出している。正義感が強く、真っすぐで、少々思い込みが強いミキオ。飄々として、博識、マイペースなティモシー。圧倒的にティモシーの方が強いのに、基本的には身体を張るのはミキオでティモシーは主に口を出すだけなのも面白い。初めての作品なので各話は短かくあっさりしていたのが、もっと長い話も書けると思う。続編が出版されることを期待したい。

  • 面白かった!後書きを読むと、作者はスーパーナチュラルとか海外ドラマが好きで、馬がとっても好きだけど、馬刺しも大好きで、そういう人間を馬から見たら、どんな気持ちかなって思いながら書いたっとあり、すごく納得した。海外ドラマっぽい雰囲気があるから、エグいものの、ブラウン管の向こうの物語のように程よい距離で楽しめる。

全3件中 1 - 3件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×