田中家、転生する。3 (ドラゴンノベルス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.31
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040741628

作品紹介・あらすじ

エマの参加した夜会で、まさか通じた皇国語(がいこくご)。
今度は外交問題に巻き込まれるのだが、一家の関心は皇国産の日本食。
お味噌にお米、鰹節!
念願の食材を手にすべく、メルサは単身皇国へ。
一方、歯止め役の消えた王都では、学園で事件が起きたり、漁師やスラムを救ったり、果てはエマが聖女になったり――イベント多すぎ!?
波瀾の王都編、続きます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ズレた感性の作品で新鮮です。
    普通の作品ならラスボス側妃は優しい爆乳美女ローズ様。
    ヒロインのエマはカレ専で虫大好き。

    今回は言語の壁ある皇国との騒動が始まります。

    ラストで衝撃の登場を果たす"ウデムシ"世界一醜い虫のイラストを、4巻ではぜひぜひお願いします。

  • 前巻で参加した夜会で、皇国が日本語を使い、日本食を食することが判明
    エマ一家は外交問題に巻き込まれようと日本食のために首を突っ込む
    そして、母メルサが皇国へと使者として赴いたことで、王都に残されたエマの暴走を止める家族は残っていなかった、、、

    仕立て屋で針子と店主をくっつけてみたり、報奨としてスラム街をもらったり、同級生から虫を投げつけられるいじめを受けるも新たな虫に喜んでみたり、壊血病を直してみたり、、、
    エマの暴走は止まらない、、、

    次巻、「皇国を滅ぼすオワタ(植物型モンスター)を倒し、来年以降も日本食を手に入れるのだ」大作戦

    【以下再読のための備忘】
    ・国王ですら一瞬、座るのを躊躇ったエマシルクのカバー付きソファー
    ・ローズ様直伝、困ったときこそ可愛くお願いポーズ(あざと過ぎ)
    ①不安そうに小首を傾げる②上目遣いで懇願するように一度、ゆっくりと瞬きする③人差し指を指にそっと当てる④最大限に甘えた声でお願いの言葉を発する
    ・エマのためと分かれば、ヨシュアにとっては全てご褒美だった。
    ・レオナルドの心配はメルサの身の安全だったが、妻の目は既にホカホカご飯に向けられていた。
    ・チベットスナギツネ化するエマ、、、「リア充、爆発しろ……」
    ・至福だ。爆乳頂きました。
    ・「このモゾモゾとドキドキとキュンキュンが入り混じったこの気持ちは何だ?」
    ・「おっお母様。でも別に私が騒動を起こしたわけではないのです!全部、向こうからやって来たのです!」「で、貴女はご丁寧に、それ全てに顔を突っ込んだのね?」

    【内容:アマゾンから転記】
    平凡一家、世界へ羽ばたく!? 和食ゲットのため、一家で外交はじめます!

    エマの参加した夜会で、まさか通じた皇国語(がいこくご)。
    今度は外交問題に巻き込まれるのだが、一家の関心は皇国産の日本食。
    お味噌にお米、鰹節!
    念願の食材を手にすべく、メルサは単身皇国へ。
    一方、歯止め役の消えた王都では、学園で事件が起きたり、漁師やスラムを救ったり、果てはエマが聖女になったり――イベント多すぎ!?
    波瀾の王都編、続きます!

  • うーん…エマの無自覚、鈍感を割り切れれば…まあ読めない事もないかなぁ。皇国がどうなるかは気になるし…。しかしいくら何でも聖女を性女と勘違いとかは無理くない?まあ好きな人には良いのか?

  • 家族ものとしてなんか好き。

全6件中 1 - 6件を表示

猪口の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×