呼吸入門 心身を整える日本伝統の知恵 (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040820026

作品紹介・あらすじ

数千年の叡智を、誰にでもできるシンプルな「型」に凝縮した齋藤式呼吸法を実践することで、精神が安定し、集中力が増し、疲れにくくなる。呼吸を通じて自己を高められる一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近、呼吸に関してもやや見直している部分があるので読んでみた。

    読んでみた感じたのは、なるほど「呼吸法入門」ではなく「呼吸入門」。

    呼吸の仕方のノウハウではなく呼吸の大切さが書いてある本です。

    なかなか面白かったです。

  • 「息を合わせる」「呼吸をつかむ」「息を凝らす」「息が長い」等、日本には息すなわち呼吸に関する言葉がたくさんある。
    20代に呼吸に関して長く模索した著者だから編み出した、簡単で型(日本の武道の本質)から身につけて技にするといった3.2.15の呼吸法について書かれている。
    教育者の立場から、放っておくと気の散りやすい小学生に集中力を持たせる方法や、現在の、周りに気遣いはできても、真面目一方の大学生に大声で笑える身体をつくらせて授業をすすめる実践論まで、とても面白く読み進めた。
    深い呼吸で、胆力を鍛え、集中力を少しでも増し、自己肯定力にも繋がればこんな良いことはない。
    私自身、身体ががちがちで、ストレスに負けて病気になった経緯もあり読むに至った。
    惜しげも無く教えていただけたこの一冊に感謝。

  • 2015/8/10図書館から借りた。
    宮本武蔵は「千日の稽古を鍛(たん)とし、万日の稽古を錬(れん)とす」と言いました。
    呼吸の型「三秒吸って、二秒溜めて、十五秒吐く」

  • 呼吸って何となく大切な動作だよね…、という認識から手に取った一冊。さすが齋藤先生、確かにその道の専門家では無いが、自らの実体験、また歴史、道徳、教育的観点からの考察は、却って一般の人には理解しやすい。また、専門家にありがちな、難しい「専門的な」表現に、理解しようとする読み手の努力が割かれる事は無いと思います。「息が合う」、「息が長い」、「息が弾む」、「息を忍ばせる」等、なるほど日本人は「息」を大切にしてきた文化…、やはり呼吸の大切さを知らしめてくれる良書でした。

全4件中 1 - 4件を表示

呼吸入門 心身を整える日本伝統の知恵 (角川新書)のその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする