里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く (角川新書)

  • KADOKAWA/角川書店
3.79
  • (13)
  • (26)
  • (12)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 193
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040820132

作品紹介・あらすじ

里海=人が手を加えることで海を健康にし、豊かにするメカニズム。瀬戸内海の再生で世界から注目されている。地球の限界を救うモデルとして、瀬戸内海生まれ日本発の概念が、世界経済を今まさに変えようとしている!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 逆転の発想、視点はなかったが、取り組み自身は、興味深い。解説の藻谷氏の視点は鋭い。生命の循環を意識しなければ。

  • 519.81||In

  • 『里山資本主義』という、この本の前作となる本がありました。これは一見都会に見放されたと思われるド田舎が実はアツイというお話で、田舎好きの私にとって非常に興味深く面白かった本です。

    で、その続きともいえるのが本書「里海」。瀬戸内海で起こった魚の減少と海の荒廃、それを再生させた地元漁師と最先端研究のコンビを例に、人間がどんなに自然と乖離した生活を営もうとも、自然界の一員に過ぎないということを改めて感じさせる。

    実は「里海」は「SATOUMI」として学術用語になっている。海洋汚染は瀬戸内海だけの話ではなく地中海などでも深刻なようです。その取り組みが世界でも模索されているようですが、この瀬戸内海発の取り組みが注目されているとのこと。

    「里海」は「人手が加わることによって生物多様性と生産性が高くなった沿岸海域」と定義されている。ほったらかしにして自然に成り行きをまさせるのではなく、人が生物多様性の環境づくりを手伝い、そのおこぼれをいただく、ということ。

    この考えは、以前では学会で発表した日本人研究者が罵声を浴びせられたらしい。「お前は漁師の召使か!」と。それから数十年。彼はひるむことなく研究と実践を積み重ね、カキの水質改善能力と、カキ養殖、そしてカキの稚貝が住みやすい環境(それは他の魚も住みやすいことを意味する)づくりを見事に組み合わせた自然にも漁師にもプラスなる成果を出したことから世界的にも脚光を浴びることになったようです。

    里山よりもスケールの広い里海。やはり地方はアツイ。とはいえ、都会でもできることはある、と著者は締めくくっています。

  • 里山資本主義の続編! 東京でも素晴らしい自然がみれるのかな‼ちょっとずつ、自然を作り上げれるように、協力してみたい!

  • だいぶ前に『里山資本主義』は読んでいたのだが、本書はしばらく積ん読状態。。

    読み始めてみると、自分にとってとても身近な瀬戸内海をメインに取材がされていて、もっと早く読めばよかったと後悔。

    今では、澄んだとてもきれいで美しい瀬戸内海だが、高度経済成長の時代には工業排水や生活排水、埋め立てなどの影響で1年に300回近くの赤潮が当時発生していたとされている。
    それが今の状態まで回復してきたのはここ約10年ぐらいである。

    公害や排水への意識が高まり、対策がとられてきたのももちろんだが、一番の要因は自然に任せるのではなく、「人が手を加えることで海を健康にし、豊かにするメカニズム」。

    西洋的な一神教に基づく考えではなく、八百万の神々を奉ずる多神教に例えて、人間(人為)も自然のシステムの中の一部、八百万の神々の端くれとして機能させることで、自然の中に均衡や多様性を生むことができる、という概念を実証データを基に証明した。

    その結果、普段当たり前に見ている、美しい海が瀬戸内に広がっている。
    そして海がよみがえると、病を抱えた人もよみがえる効果があった。
    お金ではなく、昔ながらのモノが循環する経済もよみがえった。
    そしてそれらはこれからの時代の最先端である。

    弓削島や因島、向島の例も取り上げられていて、とても身近に感じた。

    本書の解説で藻谷さんが引用している『風の谷のナウシカ』の一文がインパクトあった。

    「この時代、人は海の恩恵からも見放されていた。海はこの星全体にばらまかれた汚染物質が最後にたどり着く所だったからだ」

    たしかに、人が出す廃棄物などの汚染物質が最後にたどり着くのは海である。

    そんな状態だった瀬戸内海が、いかに現在の状態まできれいになったのか、本書を読んでとても勉強させられた。

  • 里山資本主義も読んだ。こちらは今日からでもやろうと思えば自分も実践できそうなことがたくさんあった。
    里海資本論はどうか?そこは広大な海の物語。自分としてすぐにできることは少なさそうだが、意識しなければいけないことは多そうだ。日本人にとって海の幸は切っても切り離せない産物。だから、改めて意識したい。

  • 20171003読了

  • ☆☆☆2017年8月レビュー☆☆☆


    『里山資本主義』に続く、これからの日本の針路を示す著作。身近なものを生かし、原価ゼロで人と人とのつながりを大切にして暮らす。それが持続可能な社会ではないだろうか、と考えさせられた。
    今回のテーマは「里海」。四方を海に囲まれた日本において、海とどうつきあっていくべきだろうか?瀬戸内海のアマモ復活プロジェクトを中心に書かれている。
    僕は今、都会に住んでいるが日々の仕事や生活の中で何かできることはないか、考えたい。

  • SATOYAMAの行き着く先はSATOUMI!
    カキ筏、アマモの森など、海を綺麗にしながら人間が生きていく方法はたくさんある!
    神に頼り切るのではなく、神の手助けを人間がすることによって循環する生活を送れるようになる。
    懐かしい未来に向けて共生していく努力をしなくては!

  • 牡蠣筏によって、浄化されていく海。自然物を利用して自然を取り戻していく。ステキな考え方だと思った。赤潮の時と筏設置後の写真を実際に見比べた時は同じ海とは思えないほどキレイになっていて感動した

全29件中 1 - 10件を表示

里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く (角川新書)のその他の作品

井上恭介の作品

里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く (角川新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする