ギャンブル依存症 (角川新書)

著者 : 田中紀子
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年9月9日発売)
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 20人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040820408

作品紹介

ギャンブル依存症は意志や根性ではどうにもならない、「治療すべき病気」である。この病気が引き金となった事件を知り、私たち日本人は学ばなくてはならない。この国が依存症大国から依存症対策国へと変わるために。

ギャンブル依存症 (角川新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ■ギャンブル依存症は「ドーパミン制御障害」
     ・やめようと思ってもやめられない耽溺状態
    ■渇望
     ・ギャンブルへの強い欲求
    ■耐性
     ・次第にギャンブルに賭ける金額と費やす時間の増加
    ■感作
     ・一度ギャンブルをやめても,何かのきっかけで再びのめり込むこと
    ■世代伝播
     ・二世代にわたるギャンブル依存症
    ■犯行を思い立つのは偶然が作用
    ■依存症になりやすい家庭
     ・褒められることや成功体験がなければ,自尊心が育ちにくくなるだけではなく健康的なことでドーパミンを出すという経験ができず,良い記憶が定着しない
    ■依存症にしないためには「ドリームキラー」にならないこと
    ■人生を狂わせる遺産相続
     ・5,000万円程度の遺産や退職金をすぐに使い果たし逆に借金が残ったという人はたくさんいる
    ■イネーブラー
     ・依存の継続を可能にさせる人
    ■アダルトチルドレン
     ・親との関係性が後の人生に強く影響し,そこから抜け出せない人
     ・世代伝播する
    ■ギャンブラーズ・アノニマス(GA)
     ・ギャンブル依存症の自助グループ
    ■適度に遊ぶのが不可能な人たち
    ■ドーパミンが過剰に分泌されやすい体質
    ■「底つき体験」(Hit the Bottom)が必要
    ■リカバードカウンセラー
     ・かつて依存症だった人がその経験を生かし,同じく依存症で苦しむ人の手助けをするカウンセラー
    ■大抵のギャンブル依存症者は,ギャンブルにのめり込んだということを除けば普通に社会生活を送っていた人たち

全1件中 1 - 1件を表示

ギャンブル依存症 (角川新書)のその他の作品

田中紀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
本谷 有希子
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする