「戦後保守」は終わったのか 自民党政治の危機 (角川新書)

  • KADOKAWA/角川書店
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040820538

作品紹介・あらすじ

自民党の幅広い裾野である分厚い中道保守が揺らぎ、自民党の右傾化が加速している。中道保守を土台とする「戦後保守」の時代は終わったのか。元首相をはじめ、政治家・官僚の証言を交えながら、徹底検証する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 買って数年でようやく読んだ。

    若い頃、恥ずかしながら小泉劇場に興奮し、「抵抗勢力」を嫌った。戦後保守とは中庸。今思えば、現代社会の基礎は良くも悪くも彼らの功績。55年体制が崩壊し、時代の変化についていけず衰退したのか?今では極右がもてはやされる。やはり政治はバランスなのだろう。難局を考えると頭が痛くなる。理想に走らず、現実と将来を見据えて世界と協調する。言うは易しだが、SNSと先鋭化した極論の前には無力か。

  • 戦後自民党政治の保守本流「中道保守」は、経世会(田中派)と宏池会(大平派)による、中庸を宗とする現実路線の調整型政治だった。リーダーシップを発揮できない、決められない政治、利益誘導型の金権政治、という負の部分ばかりが記憶に残っているが、本書を読むと、かつての自民党政治の良さをよく理解できた。戦後政治の流れも概括できた。

  • 公明党との連立を進めた野中、古賀コンビが加藤の乱で自民党リベラル派を潰した。

全4件中 1 - 4件を表示

日本再建イニシアティブの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×