9条は戦争条項になった (角川新書)

  • KADOKAWA/角川書店
4.08
  • (3)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040820620

作品紹介・あらすじ

集団的自衛権の行使を容認する安保法制が成立し、憲法9条は戦争条項となった。立憲主義がないがしろにされるなか、国民はここからどこに向かうべきか。議論と覚悟なくして従米から逃れる道はないと説く警告の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正しい意見だと思う。
    アメリカ第一主義はもうやめよう!ほんと、「カエルの楽園」になってしまうよ。

  • 今や保守の論客として有名な小林よしのりによる、憲法および日本国の在り方について解いた一冊。

    決して対米追従ではない彼自身の思想にとても共感できた。
    また、内容によって自民党に賛成だったり反対だったり(むしろ反安倍色が強い)、単なる保守ではない彼の多面性を知ることができた。

  • 右左と思想をキレイに分けられない。そのとおりだと思う。

  • よしりんのいつもの発言を聞いていたらわかるような内容で目新しい事は書いてはいなかった。

  • ほぼ同意。日本は主権をアメリカから取り戻して、アメリカの要請を拒否できるようにしないといけない。それにはやはり自分の国は自分で守るための自前の軍隊が必要でしょう。民主主義と軍隊が切り離せないのもまさにその通り。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1953年、福岡県生まれ。漫画家。1976年、大学在学中に描いた『東大一直線』でデビュー。以降、『おぼっちゃまくん』などの作品でギャグ漫画に旋風を巻き起こした。1992年、社会問題に斬り込む「ゴーマニズム宣言」を連載開始。すぐさま日本の思想状況を一変する大ヒットとなる。天皇論は23万部突破。

「2017年 『日本人なら知っておきたい天皇論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

9条は戦争条項になった (角川新書)のその他の作品

小林よしのりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする