叙々苑「焼肉革命」 (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.50
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040820774

作品紹介・あらすじ

焼肉店のタン塩、上カルビや、食後のデザート、ガム…、これらはすべて叙々苑が始めたことだ。“良いものには価値がある――” 焼肉を「国民食」にした男の味へのこだわり、うまさの秘密を、40周年のいま明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 成功の秘訣は人の心を見つめ続けることだと改めて実感。

  • ■「究極のサービス」とは目配り,気配り,思いやり。
    ■クラブでトイレに行った後におしぼりを提供する理由は,トイレで我に返ったお客様をまた元の世界に引き戻すため。どんなことにもきちんとした理屈や理由がある。

  •  むかし「叙々苑に連れて行ってもらった」というのは自慢になることだった。お金がない頃、上司に連れて行ってもらうくらいしか行けない場所。高級な良い物を食べさせてもらえる場所としての焼き肉屋というイメージは、叙々苑が発祥だろうなと思う。

     創始者の語り下ろしなのだろうが、もったいないことにインタビュアーが提灯持ちに終始していて、掘り下げが浅い。もっと良いネタあるだろう!って突っ込みたくなる。
     それでもやっぱり面白いというのは創始者に魅力があるのだろう。

     従業員にきちんとお金を払う。従業員が良いサービス提供する。お客さんが良いサービスには高いお金を払う。という三方良しの考え方は、いつか偉くなったら使おうと思った。
     割引すれば良いっていうのは乱暴だったのか……。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

新井泰道:1942年神奈川県生まれ。中学卒業後、叔母の勧めで従兄弟が働いていた東京・新宿の焼肉店、明月館に入店。さらに東京・神田の焼肉店を経て、1972年東京・神楽坂で開業後、1976年JOJOEN六本木本店を開業。今までにない斬新なアイデアとサービスで、毎晩客が押し寄せる人気の焼き肉店となる。全国焼肉協会会長などもつとめた。

「2016年 『叙々苑「焼肉革命」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

叙々苑「焼肉革命」 (角川新書)のその他の作品

新井泰道の作品

ツイートする