デモクラシーは、仁義である (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.83
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 47
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040820897

作品紹介・あらすじ

○○さん、それは“筋”が通らねえ

民主主義は出来が悪い。だが、別れられない。
そのワケ、はっきりさせましょう。

結局は多数決、選挙結果がすべてだ。 
決定に時間がかかりすぎ、無駄だ。
素人にいったい何がわかる、衆愚政治だ。
世界は不平等、平等なんて絵空事だ。
国策に反対するなら国を出て行くべきだ。etc。
出来の悪い制度に尽きぬ世の批判、そのすべてに答える!!

肩肘張らない言葉で、熱く政治を語る。
注目の政治学者が全精力を注いだ、最も優しく、最も深く、最も納得いく、デモクラシーがこの世にあるワケ。

いったい我々は、デモクラシーで何が出来ていて、何が出来ていないのだろうか?
■決め事の基準は売り上げではない
■「人としていかがなものか?」という「仁」で捉える
■多数決は「暫定的気圧計測」と考える
■「現実」と「道義」両方の基準を使う
■お国に同調しない人を育ててお国を強める
■痩せても枯れても自力で政権交代した意義を認める

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 理不尽や不平等を感じながら尊厳や人権を理念として掲げる民主主義は、時折圧力や嫌がらせを受けながらも信念を曲げない意気込みならまだいいが、少しでも意見が合わない同志を駆逐しようとする内ゲバのようになると、己も崩壊する孤立へと陥ってしまう。本来の民主主義を理解するならば、世間は多様な意志があって当然であり、ひとつの理想しかない社会は全体主義となんら変わらないのだ。"理想" ではなく "どうしても失いたくないもの" そこに筆者が語る民主主義の核心がある。この帰着に至極賛同する。

  • 東2法経図・6F開架:311.7A/O38d//K

  • 通勤の電車でちょっとずつ読み進めること、三度。
    三度読むと、著者の言わんとしていることが、じわ~っと理解できる(ような気がしてきた)。噛めば噛むほど…。
    これからも繰り返し読みたい、良書。

  • デタラメな政府に嫌悪感と諦観を感じていたところだったが、読み終わって少し元気が出た。

    平等について、選挙について、忖度のシステムについてなど知っているはずの知識や、いま何が問題で何を為すべきなのかなどを再確認できた。

    知識を消化するだけじゃなくて自分の言葉で説明できるようになるまで、何度でも読み返そうと思う。

  • 高校生くらいが読むには良いのでは。1、2章くらいまでは良かったが、以後は古臭いリベラルの主張と変わらず、これを読んでも今の政治は変わらないと思った。

  • 「デモクラシー」と「仁義」
    意外な言葉を組み合わせたタイトルが良い。
    そしてオビをみれば、「安倍さん、それは“筋”が通らねぇ」と。
    思わず手に取り、裏返して見るとそこには民主主義へのダメ出し!
    たしかに民主主義は出来が悪い。あなたの不満はもっともなのです、例えばこのように、と民主主義の出来の悪さを語る著者の語り口は時にユーモラスで滑らかだ(悪口で一冊本が書けるほどだし)そこまで読めば、術中にハマる。読み終える頃には、なぜデモクラシーが必要なのか?具体的にはどうすれば良いのか、読者自身が自分のこととして考え、はたと気が付く仕組みになっている。
    民主主義は出来が悪くて手がかかる。でも「手がかかる子ほど可愛い」し、きっと「手をかければかけただけ応えてくれる」に違いない。大切なのは「手のかけどころ」を間違えないこと。間違えたらきちんと「訂正」することだ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

政治学者、専修大学法学部教授。1962年、東京生まれ。
著書に『政治学者、PTA会長になる』(毎日新聞出版)、
『なぜリベラルは敗け続けるのか』(集英社インターナショナル)、
共著に『転換期を生きるきみたちへ』(内田樹編、晶文社)など多数。
愛称オカケン。広島カープをこよなく愛する2児の父。


「2023年 『教室を生きのびる政治学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田憲治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×